富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ
富士吉田うどん カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士吉田うどん「ふもとや」さん、訪問。【2回目】(2014年8月6日水曜日)

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

先月訪問し、旨かった富士吉田うどんのお店「ふもとや」さんに、再訪問をしてきました。

前回の訪問では、忙しそうに店内を小走りに動き回るおばちゃんたち、そして、何よりもワタクシ以外が全員地元民(という先入観)から、うどんロード初のアウェーの洗礼を受けたワタクシでしたが、今回の訪問には、別荘のDIY初期段階で、床の解体などを手伝ってもらう、元上司が一緒でした。

暖簾をくぐる前から、富士吉田うどんデビューになる上司には、「店内は独特な空気感がありますけど、まぁ、すぐに分かると思います。」と伝えます。こちらお店は、恐らく物品を販売していた建物を改装して作ってあるので、店内が異様に広く、不動産屋のワタクシから見れば、それはもう、もったいないテーブルの配置具合、すなわち、このテーブル数なら、もっと小さい店舗で安く借りられるではないかーい。と突っ込みたくなる位に、テーブル配置に余裕があります。

さて、暖簾をくぐったワタクシ達一行は、まず前回の訪問時に、アウェーの空気にのまれてしまい、店員のおばちゃんの「お新香も食べてね」という言葉に、目の前のテーブルを冷静を装ってお新香を探したけども、なかったので諦めたというワタクシの案内で、出入り口付近のテーブルにあるお新香を、常連気取りで手に取ります。ちなみに、お新香の在処は、前回の会計終了時に、お店を出るときに確認済みでした。

注文の仕方でも、ワタクシは富士吉田うどんデビューの上司をリードします。得意気に注文票に「一」の字を入れていき、小走りをしているおばさんをつかまえて、手渡します。でも、実はそれが正しい注文マナーなのかは、実はまだ知りません。笑

ちょっと酢の効いた、前回食い逃した大根のお新香をほおばりながら、うどんを待ちます。ふと、店内を見回すと、先入観抜きに、やっぱりどう考えても、旨そうにうどんをすすっている皆さんは、地元の方々ばかりという雰囲気です。でも、それはイコール旨いお店ってことだとも言えると思います。



来ました。肉天うどん(500円)です。

っと、記事を書きながら、前回訪問時の記事を読んだら、なんと、このお店で初めて注文したつもりの肉天うどんでしたが、前回訪問時にすでに食べていました。

これは、つまり、どんだけ初訪問時に緊張していたんだよ、アラフォーオジサン。ということです。



まぁ、いいじゃないか。だって、麺は相変わらずコシがあって、汁は出汁が効いていて旨いんだから。



いつもの、赤くて辛いゴマ調味料を入れると、ワタクシのランチもクライマックスを迎えます。クソ暑い夏の日、涼しくて快適な店内でも、これを入れると顔中の毛穴から、汗が噴き出ます。



前回の記事と同じメニューだったので、上司の注文した「つけうどん大盛り(500円)」の写真でも。作業は9月に段取りをしましたが、上司も大満足の訪問となりまして、来月もまた、うどんツアーとなりそうです。



富士吉田道の駅で手に入れたうどん店舗マップは、常にワタクシの軽自動車の助手席に転がっていて、仕事中でも眺めているのですが、これからまだまだ続くうどんロードに、お店の数だけある思い出が増えると思うと、もう、今からワクワクしております。

〈訪問履歴〉
1回目:2014年7月23日水曜日)【肉天うどん(500円)】

ふもとや



関連ランキング:うどん | 富士山駅



富士吉田うどん カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





スポンサーサイト

富士吉田うどん「てっちゃん」さん、訪問。【4店目】(2014年7月30日水曜日)

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

毎週水曜日の別荘訪問、そして、ランチの富士吉田うどん巡りという、新たな人生の楽しみを見つけたアラフォーサラリーマンのワタクシでございますが、今週もまた新しいうどん屋を新規開拓してきました。



てっちゃん



関連ランキング:うどん | 富士山駅



食べログのレビューを見ると、「スナックみたいなうどん屋」とか「パブ感覚」という文字が並ぶのですが、確かに店内は、昔喫茶店とかをやっていたような佇まいをしております。昭和のパブ、喫茶店の内装です。

こちらのお店も、例の注文システムになっていて、テーブルに置かれた注文票の頼みたい品に「一」と書いて、店員さんに渡します。訪問時は、そんなに店内は混んでなくて、窓際の山の緑を眺められる席について、ゆっくりと品定めをいたしました。この点、先週訪問した「ふもとや」さんの、地元の常連で活気あふれる中の、完全アウェー状態とは少し違います。



肉天うどんがおすすめということで、注文してみました。段々と、メニューを見る際のポイントというか、まずはかけうどんの値段を見て、そのお店の標準を知ると言った感じに、富士吉田うどんを喰うにあたってのコツのようなものを掴んできた気がします。


肉天うどん(550円)

5分もしないうちに、注文の品が出てきました。富士吉田うどんは、温かいメニューを頼んでも、そんなにアツアツというのではなくて、でも、最初のうちはフーフーして冷ましてから麺をすするような、そんな温度になっております。



こちらのお店は、キャベツが少し太めに切ってありました。個人的には、スープの味も、もうちょっとダシが効いていてほしい点、天ぷらと、テーブルに置いてある天かすがちょっと油っぽかったのが気になりました。でも、麺は相変わらず、コシがあって最高です。

今回から、物忘れの激しくなったワタクシ自身のメモとして、簡単に点数を残していきます。10点満点で、その時に食べたメニューについて点数を残していきます。食べログではないので、他の方には参考にならないと思います。笑

「てっちゃん」さんにて「肉天うどん」(550円)
【麺】8点 コシがあって、他店同様に旨い。
【汁】6点 ひと口目の印象が、味噌汁の薄いような味。でも、辛いゴマを入れると、ちょうど良くなる。
【具】7点 天ぷらはちょっと油っぽい。馬肉は、大きくて味も良い。
【総合】6点 肉天うどんとしては、ちょっと高めかなぁ。訪問時に常連さんが少なかったのが気になる。

てっちゃん



関連ランキング:うどん | 富士山駅



富士吉田うどん カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





富士吉田うどん「ふもとや」さん、訪問。【3店目】(2014年7月23日水曜日)

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

すっかり富士吉田うどんにハマッてしまったワタクシですが、夢はすでに全店制覇でございます。まだまだ始まったばかりの3店目ですが、オーダーの仕方や、辛いゴマ調味料の使い方等、ビギナーじゃないぞという、変な自信すら芽生え始めております。



ふもとや



関連ランキング:うどん | 富士山駅





ビギナーには、もしかすると結構ハードルの高い注文票です。今回もお店に入って、結構たくさんいる店員のおばさま達は、皆店内を小走りに忙しく働いておられますので、どうやって書くかを聞くタイミングもありませんのでした。笑
あまり難しく考えず、普通に「肉天うどん」に棒線を一本引っ張って、おばさまに渡しましたが、小心者のワタクシですので、念の為、一言聞いてしまいました。「こうやって書けば大丈夫ですか?」
すると、右隣で冷たいうどんをすすっていたサラリーマンが、ジロッとこっちを見てきます。「あぁ、これが地元のお店だなぁ。どうせワタクシはうどん初心者ですよ。」と、小心者のワタクシが心の中でつぶやきます。そして、注文票を受取ったおばさまがワタクシを見つめ、「可愛い坊や、初めてなのね。」というような目で微笑みます。


肉天うどん(500円)

注文後、数分で注文の品が出てきます。牛丼屋と同じくらいの時間感覚ですので、まさに富士吉田のファストフード、今やUDON屋はロシアにも出店中らしいので、ますます増える外国人観光客向けにも、もっともっとアピールをして欲しいです。

ところで、うどんを手渡される時に、さっきと違うおばさまから「おしんこも食べてね」と、やさしい声を掛けられます。しかし、目の前を見てもどこにもおしんこは置いてありません。しかも、このおばさまもまた、忙しそうに店内を小走りに動いております。この時点で、入店前の「ビギナーじゃないぞ」という、虚栄心は、ボロボロに崩れ去っていましたが、そんなつまらないことは、このうどんをすすればどうでもよくなります。

相変わらずコシがあって、汁がちょうどいい塩分で旨い。



最初に汁をすすった後は、例の赤くて辛いゴマ調味料を入れてみます。すると、みるみる汁が赤く染まり、また、その汁をすすると毛穴から汗が吹き出てきます。

すごい満足感とともに、お会計を終わらせたワタクシ。入口まで歩くと、左手に、テーブルに載ったおしんこを発見。満足感と敗北感という、複雑な心境の中、店を後にしてきました。

ふもとや



関連ランキング:うどん | 富士山駅




富士吉田うどん カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





富士吉田道の駅で、B級グルメ富士吉田うどんを食う。その2

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

先週、富士吉田道の駅で、B級グルメ富士吉田うどんを食う。で記事に致しましたが、今週の休みもまた、富士吉田道の駅を通過したのがお昼13時頃、実は、その前からうどんの事を考えながら運転していましたので、付近に到着した頃には、胃も脳も、空腹の絶頂を迎えており、2週続けての訪問となりました。

道の駅 富士吉田(ふじよしだ観光振興サービス公式サイト)


麺類に目が無いワタクシですが、うどんはラーメンに次ぐ、大好物であります。この吉田うどんは、テレビで何度も見て、いつか食いたいという、もはや夢のようになっておりましたので、初めて食べた感動、そしてその味から、こうやって中毒になるのも、無理はありません。シンプルで、安くて、旨い。もう、最高です。

吉田のうどん(富士吉田市公式サイト)

先週訪問をした際には、うどんが腹持ちする食べ物ということで、ちょっと様子をみましたが、今回は、もう空腹の絶頂ということで、炭水化物+炭水化物(うどん+カレーライス)という、禁断の組み合わせに手を出してしまいました。そうです。れいのやつ、その名もレーダードームカレーとうどんのセットをご注文です。



かけうどん・ミニカレー・小鉢セット(680円)

うん?記事を書いて、初めて気がつきましたが、前回注文寸前であきらめたドームカレーのゆえんは、その白く、富士山レーダーのごとく高く盛り付けられたご飯がそれで、今回ワタクシが食したのは、メニューどおり「ただの、カレー(ミニサイズ)」でした。痛い。それにしても、相変わらず貧乏丸出しに、無料の揚げ玉は、富士の裾野のように高く、広く麺をカバーしております。



今回は、ドームカレー(のつもりで食べた)のボリュームのこともあり、もう一方の炭水化物=うどんは、一番シンプルなのを組み合わせました。もしこれが、カレーうどんだったら、もう、「俺はいったい、何を食いたいんだ」、と大変だったでしょう。肝心の味ですが、うどんはもちろん、この時点ではワタクシの中でドームカレーだったそれは、プレミアム感もあってか、後のせの大きな野菜がポイントで、旨かったです。



吉田うどんは、どのお店にも薬味(ゴマだれ・擂りだね)がテーブルに置いてあって、耳かきのようなスプーンですくうのですが、これが辛いんです。辛いけど、すごく味に深みが出るのですが、何でも七味やゴマ、山椒等を使って作る、富士吉田独自のものらしいです。そういえば、山中湖湖畔で山梨名物ほうとうを食う!で、右も左も分からない状態で訪れたほうとうのお店でも、自家製のこれが置いてありました。



テーブルには、吉田うどんの由来と、食べ方ルールが、親父の小言のように置かれています。最終的に、味付けは食べるお前がやれ。という、フリースタイルなところにますます好感がわきます。「他の調味料、薬味って、この辛い赤ゴマしかないじゃないか!」って思ってよくみると、その隣には味の素が置いてありました。意外に、あの旨み成分と、このスープは合うかもしれませんが、見つけた頃にはすでに満腹状態で、ご存知の通りに一気にうどんへの興味が消えた頃でしたので、この組み合わせは次回以降に持ち越しとなりました。


道の駅富士吉田
〒403-0005 山梨県富士吉田市新屋1936−6

富士吉田うどん カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





富士吉田道の駅で、B級グルメ富士吉田うどんを食う。【2店目】

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

台風8号が近づく中、休みを利用して富士山麓へと車を走らせました。

河口湖インターを降りると、その近辺は富士吉田市になるのですが、最近はB級グルメの街!?でも有名で、「富士吉田うどん」は、もはやB級と呼ぶには失礼な程に、観光客へもアピールがされています。市の公式サイトには、うどん屋リストが掲載される等、地域を挙げての売り込みに、世界遺産のあるまちの意地を感じるワタクシであります。

吉田のうどん(富士吉田市公式サイト)

到着した頃、まだ台風の影響はなく、晴れ間がのぞく中、以前から気になっていた「富士吉田道の駅」に寄って見ることにしました。河口湖インターから、山中湖に向かって進むと、この施設はあるのですが、河口湖から有料の東富士五湖道路を使ってしまうと、通り過ぎてしまうので注意です。



ここに寄った理由は、ちょうど昼時だったこともあり、吉田うどんが食えるという道路わきの看板に誘われたのと、富士山の麓から湧き出る湧水を、ペットボトルに詰めて持ち帰る人が多いという、水汲み場をチェックする目的がありました。その他にも、敷地内には富士山山頂から移設してきた、富士山レーダードームがあったり、地ビールが飲めるレストランがあったりと、もったいないので、ちょっとずつ開拓をしたくなる設備がいくつか連なっております。



腹が減っては、道草はできん。ということで、軽食コーナーにある富士吉田のうどんコーナーに足を運びます。市内に80以上あるといわれる中から、どこかのお店が出店しているのかと思いましたが、どうやらそうではないようです。(この時点では、よくある失敗パターンを覚悟していました。笑)

うどんが思いのほか、腹にたまることを知っているワタクシは、食欲に負けず、肉わかめうどん(並盛500円)のチケットを購入します。もちろん、レーダードームカレーには、後ろ髪を引かれる思いで自らに我慢を言い聞かせます。



富士吉田市周辺では、とりあえず身の回りのもので、富士山に姿かたちが似たものは、便乗商法で儲かりまっか?というケースをかなり多く見かけます。こちらでは、湯呑茶碗が、感動的なフィット感で富士山の姿になっていました。



そうこうしているうちに、食券に書かれた番号で呼び出されました。色んな場所で、何度経験してもこの仕組みは、なんだか配給制度のような感じで違和感があります。笑

どうでしょうか。こちらが500円の肉わかめうどんでございます。千切りの茹でキャベツが添えられ、恐らく馬のものであろう肉、わかめが乗っております。揚げ玉は、商品受け渡しカウンターにあるセルフサービスのケースから、貧乏精神丸出しで山盛りに乗っけてみました。



女性には「若い・肌がきれい」と言えば、誰にだってほめ言葉になるように、うどんには「コシがある・ツルツルしている」と言えば、例えチェーン居酒屋の冷凍うどんだって格が上がるのを知っているワタクシですが、それでもこの吉田うどんを表現する言葉はこれしかありません。

「コシがあって、トゥルトゥル」


ワンコインでうまいうどんを食えて満腹になったら、さっきまで興味があった富士山レーダードームとかは、急激に興味がなくなってしまい、無料の富士の名水汲み場ですら確認することを忘れて、道の駅を後にしたワタクシでありました。


道の駅富士吉田
〒403-0005 山梨県富士吉田市新屋1936−6

富士吉田うどん カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。