富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ
断熱施工 カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚化粧のウレタンを、カッターで整える。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

全ての断熱工事、終了。にて、一応の、断熱施工終了宣言をしたワタクシであります。でも、いつでも「閉店セール」をやっている近所のジーパン屋のように、次から次へと、終わりを知らずに断熱施工のブログ記事が出てきますが、実は、細かい作業を含めればもう少しやることが残っているのでありました。

DSCN5662.jpg

先週、ウレタンを吹いた和室の押し入れです。この後に施工される壁は、写真の下に写った木の板の面で納める必要がありますが、どうしても微調整が難しくて、部分的にその面よりも出っ張ってしまいます。

DSCN5666.jpg

そんな出っ張った部分のウレタンを、切れ味のよいカッターで、そぎ落としていきます。そぎ落とされたウレタンは、ワタクシに、秋葉原で売っているケバブの肉を思い出させます。ケバブは食べて消化できますが、このウレタンは、単純に無駄だったということになりますので、ゴミ袋にギュウギュウ詰になったウレタンのケバブ屑を見ると、決して安くはないウレタンスプレーの価格が脳裏をよぎってしまうのでした。

断熱施工 カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

スポンサーサイト

帰り際に思い出した、先週の残り。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

全ての断熱工事、終了。で断熱施工終了宣言をしたワタクシでしたが、外が薄暗くなってきた頃、先週発見した断熱欠損、防湿シートの切れ目部分を思い出しました。LEDライトを片手に、現場のゴミ袋から拾ったポリスチレンフォーム保温板の半端物とカッター、定規と気密テープを持って、床下へと入りました。

IMG_3974.jpg

実は、皆さんにはまだカミングアウトしておりませんでしたが、断熱施工もほとんど終わった建物内で、訪問の度に、われらのアイドル、ベンジョコオロギが室内を徘徊していました。結構、ショックで、あれだけ隙間埋めをやったのにという思いと、それでもまだ、サッシ周りとか隙間あるししょうが無いよ。と、自分を慰めたりと。そんな葛藤があった訳ですが、床の高さが高い和室とリビングとの段差にあった、この大きな隙間を見つけた時には、潰していく原因があってよかったと安堵を致しました。
※よくよく思い出すと、ここの部分は棟梁に言われていて、あとで外から埋めますとかって話した記憶がありましたので、ワタクシの責任です。

IMG_3976.jpg

隙間には、ぴったりとはまるように切った断熱材を詰め込んでいきます。ゴミだった端材ですが、役に立ちました。

IMG_3979.jpg

断熱材をはめ込んだ後は、隙間を埋める意味と、木材への固定の意味も含めて気密テープを施工していきました。

これで、来週もやつらが室内を徘徊していたら、結構ショックと思いますが、実は最近、あんだけ嫌いだったベンジョコオロギも、触角をつまんで外に放り投げることに慣れてしまい、何だか、昔はピョンピョンと飛んできたら逃げていたのに、人間の慣れって怖いなと、そんなことも思っております。

断熱施工 カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

全ての断熱工事、終了。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

全ての断熱工事、ほぼ終了。にて、建物の断熱施工がほぼ終わったことをご報告いたしましたが、最後に残ったのは、オールスター助っ人職人さん達による解体作業時に、ワタクシの細かな荷物置き場になっていた和室の押し入れでした。

GOPR0437.jpg

いつもブログをご覧頂いている方には、懐かしい工程の写真になりますが、このように臭いものにはフタをしろ的なブルーシートが、襖が外れた、こまかな私物が入った押し入れに貼られておりました。

全くの余談ですが、昔からこのブルーシートを見ると、なぜ、このシートは青くなったのか。外国でも、ブルーシートは青いのか?そもそも、ブルーシートって、和製英語だろうなぁ、等と想いを巡らしてしまいます。たまに、緑色をしたグリーンシートを見かけますが、それでも、青のブルーシートの独占市場は揺るぐことはありません。お花見でもブルーシート。事件現場でもブルーシート。もう、大活躍のブルーシートです。

DSCN5620.jpg

話がずれましたが、元に戻ります。こちらは、押し入れ正面から見て左側の壁です。外壁面に面していますので、今までここに断熱材が入っていなかったことにより、壁内への虫たちの侵入を許しただけでなく、押し入れの中にしまっていた布団類も、たっぷりと富士山麓のマイナスイオンを含んでいるかもしれない湿気を含み、男子学生の独り暮らしの決して外に干されることが無い布団のように、使っていないのに万年床という、USJスタジオもびっくりのエイジング仕上げとなっていたことでしょう。

DSCN5621.jpg

吹きつけタイプの発泡ウレタンスプレーを吹き付けていきます。ここも壁を仕上げた後で柱が見える真壁ですので、あまり厚くは吹けませんが、この後で、充填式のスプレーにて欠損部分を補修して行きました。

DSCN5623.jpg

こちらは、結構うまく吹けました。壁を仕上げる前には、でっぱった部分をカッターで削っていく予定です。

DSCN5624.jpg

いとこが施工してくれた板状のポリスチレンフォーム保温板です。隙間をウレタンで塞ぎました。ここまですれば、虫も入ってこないと思いますが、アリのような小さな虫にも対応するため、この面だけは防湿ビニールを施工しようと思います。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

全ての断熱工事、ほぼ終了。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

トイレの断熱施工、完了。に続き、先週は真壁の和室の断熱もほぼ終わりました。これで、すべての外壁に面した部分の断熱施工が、ほぼ終了したことになります。

DSCN5563.jpg

構造材である柱が、壁を仕上げた後でも見える真壁の和室ですので、壁内の厚みがない分、断熱材を選択するのに少し迷いました。主に床の断熱に使用したポリスチレンフォーム保温板ですが、厚さが30ミリのものを使用しましたので、一部、端材を使用したのが写真にも写っておりますが、ちゃんとした一枚ものを、切り刻んで壁の中に充填していくことも可能でした。でも、結局、もしかするとそっちのほうがコストと断熱性能は良かったのかもしれませんが、この和室の壁の中も、気持ちの悪い虫代表のベンジョコオロギが大量に生息していましたので、その黒いクソごと、まとめて発泡ウレタンスプレーにて埋めてしまうことにしました。

DSCN5561.jpg

このスプレーは、発泡具合がその日の温度や湿度で左右されるという、パン職人がイースト菌の配合を天気予報を見て変えるような、そんな感じの、まさに職人の腕が必要です。

ちなみに、写真でもありますが、ワタクシはしょせん、素人ウレタン職人ですので、壁の仕上がりラインからはみ出てしまった部分は、あとからカッターで削り取っていきました。(尚、削りとり作業は、クロス職人の息子である、いとこがやってくれました。)

DSCN5560.jpg

そして、すごく気になっていた押し入れの外壁部分も思い切って壊しました。すると、他の部分同様に、木部には黒い斑点状のベンジョコオロギのクソと、枯葉やビニールの破片が積もってできている、野ネズミのものと思われる動物の巣が出てきました。

床に使ってきた断熱材が、ワタクシのベット用の一枚以外、もう無くなってしまい、ちょっと密度が落ちますが、カインズホームにて購入してきたポリスチレンフォーム保温板をいとこに詰めてもらい、来週のウレタン吹き付け作業にて、大きな断熱欠損部分がなくなることになります。

本格的な冬を前にして、ギリギリ断熱施工が完了いたします。

内装DIY カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

トイレの断熱施工、完了。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

ベンジョコオロギのたむろする上に生まれた、快適空間。結構あるじゃん、隙間と断熱欠損。にて、建物内でも重点的に隙間埋め&断熱施工が施されたトイレですが、いよいよ、壁下地を貼る為にその作業も仕上げにかかります。

結構あるじゃん、隙間と断熱欠損。にて吹きまくったウレタンスプレー。ゆくゆくはトイレの天井裏に隠れる空間ですが、外壁部分に関しては、平均しても厚さ約10センチほどのウレタンが吹かれております。(写真上部)

DSCN5551.jpg

外壁に面する部分でも、壁内の現況がスッキリとしていて、グラスウールによる施工がやり易い場所は、外壁に吹きつける雨による浸水を、ウレタンと気密テープを使って止めてから、断熱施工に対するコストが安いことからも、他の部位同様にグラスウールを充填していきました。

DSCN5554.jpg

こんな感じに、ガラス繊維が入ったグラスウールの製品が、すっぽりと柱の間にハマっていきます。

DSCN5555.jpg

何だか、トイレのこの場所をやるころには、内断熱職人と化していたワタクシです。写真を見る限り、下手な建売現場の断熱施工よりも、しっかりと仕事をしております。

DSCN5557.jpg

おまけで、ウレタンスプレーによる断熱施工が施された部分にも防湿シートを貼っていきました。この部分に関しては、防湿シートは不要と思われますが、万が一、壁内に侵入した虫がいた際のバリアとして、活躍していただきたいと思います。

シート全体は、強力な気密テープにて固定されています。この後で、各所に壁下地である石膏ボードや、合板が貼られていくことになります、

グラスウールの断熱材は、壁に石膏ボードを貼る前に、居室内で発生した湿気が壁内に入って、グラスウールの断熱材の中で結露など、悪さをすることを防ぐために、防湿シートを写真のように貼っていきます。今回はそれ以外にも、アリなどの虫達の建物室内への侵入を防ぐ目的も大きかったです。

DSCN5559.jpg

内装DIY カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。