富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ
2014年05月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別荘にテレビは必要か?

いよいよ迫ってきた別荘所有に向け、本日は富士山麓の別荘地でのインターネット環境と、テレビ視聴について、調べて分かったことをまとめてみます。

富士山麓にいくつかある別荘地ですが、流石にそのほとんどでフレッツ光等の高速インターネット接続が利用できるようです。場所によっては、各社の提供する無線でのネット接続サービスである「WiMAX」や「LTE」の高速WiFi接続も使えるようですので、そうなると手軽な金額で使えるWiFiサービスも選択肢としては面白いかもしれません。こうしたWiFiサービスはポケットルーターを介して行われ、月額も3,000円弱から選ぶことができます。ただ、少し山間部になってくると、3Gが限界で、そうなるとちょっと速度的に厳しいかもしれません。サービスエリアは、各キャリアのウェブサイトからも、地図上で確認が出来ますので、便利です。



まぁ、インターネットがあれば、Skypeを使って固定電話にかけたり、LINEなどの無料通話サービスも使えますので、もう固定電話も不要となりますし、ワタクシの勤務先がそうであるように、フレッツ光の回線を使ってテレビが観られる「光テレビ」に加入すれば、大体自宅と同じような環境になるじゃないか!と喜び勇んでいたのですが、実は山梨県は光テレビのサービスが無いという情報に触れ、計画の見直しを迫られたのがこの間の水曜日でした。また、ケーブルテレビを利用すると、月額2,000円ちょっとかかるとのことで、そうなると節約心が働くと同時に、余計に「せっかく大自然に囲まれた別荘まで来て、テレビをどれくらいの頻度で見るのか?」という疑問が生まれてきました。ただ、以前、勤務先の事務所にはテレビが無く、震災の時にも情報が中々入ってこないで、情報源としてのテレビの存在を再発見したのも事実です。

そこで、色々と調べていると、何だか素敵な商品を発見致しました。

SoftBank SELECTION
エリアフリー録画対応デジタルTVチューナー
SB-TV04-WRIP


ずっと昔に、海外在住の日本人顧客向けに、日本のテレビ番組を自社サーバーに録画して、顧客へ映像の再生、提供する業者が、国内の著作権の関係でダメになったのを記憶していましたが、こちらの商品を使えば、そんなサービスと動作は同じように、自宅で受信した地デジの電波を、インターネットを介して、外出先のWiFi環境下で、iPadやiPhoneを使って視聴、録画することが出来てしまいます。あまり海外に行く機会はありませんが、理論的にはインターネットと一定速度以上のWiFi接続があれば、世界中のどこからでも自宅のテレビを見ることが出来るということになります。

価格は、新品でも1.5万円程、Yahoo!オークションで見ると、新品でも1万円程、中古で8,000円程で落札されています。つまり、別荘地でのケーブルテレビサービス半年位で、もとをとれるという計算になります。まぁ、インターネットを介しますので、ケーブルテレビ程の安定感は期待できないかもしれませんし、それから、テレビで番組を視聴するとなると、iPhoneからテレビへつなぐケーブルも必要になるでしょうから、単純には比べられませんが、それでも、別荘以外でも、例えば電車の中でもiPhoneのテザリングで接続したiPadを使って、テレビを視聴するような使い方も可能のようです。

早速、事前調査ということで、接続テストを行ってみました。こちらのページに、詳しい方法が載っていましたが、App Storeから専用の無料アプリをダウンロードして、簡単にテストすることができました。



2分ほどすると、こんな画面が出てきました。どうやら、外出先からも自宅のテレビ視聴が可能のようです。



試しに、ファイアーウォール等が厳しい、勤務先のWiFiでもやってみましたが、こちらはどうやら無理のようです。回線速度の問題と出ていますが、恐らくセキュリティ機器の関係と思います。



インターネットがあれば、何だかんだと、想像を超えたようなサービスを利用することができます。今回のような商品を見ると、別荘とは言え、やはりインターネット回線は重要だと感じまして、この商品は恐らく近日購入すると思います。購入すれば、テレビの視聴に特別にお金を払う必要がありませんので、気分的に「見たい時には見ればいい。」となって、セコいワタクシに想像できる「せっかくお金を払っているんだから、見ないと損。」という風になってしまうことは無くなりそうです。

使った際のレビューを、また機会を見てこちらのブログでご紹介出来ればと思います。



全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!


スポンサーサイト

ペレットストーブとの、意外な出会い。

Amazonでオヤジサラリーマンの為の参考書を購入。にて購入したドゥーパの古本で、別荘が無い状態で薪ストーブに興味の触手が伸びてしまったワタクシでありましたが、昨日訪れた別荘管理会社の事務所にて、素敵な暖房器具と出会いました。

ペレットストーブ
ペレットストーブ(pellet stove)とは木質ペレットを燃料とするストーブのことである。スウェーデンなど北欧に製造メーカーがあり欧米各国で普及していたが、日本国内でも1990年代後半頃から製造を試みる中小メーカーが現れ普及しつつある。間伐材の利用促進や非化石燃料を用いることで地球温暖化対策に貢献するなどの環境問題から注目されるとともに、灯油小売価格の高騰などの追い風もあり普及しつつある。
引用 - Wikipedia ペレットストーブ

管理会社の営業マンさんから「ペレットストーブ良いですよ」と聞いていたのですが、正直、薪ストーブのように火を管理するという楽しみ、別荘生活って、ラクをするためじゃないんだから、少し大変で手がかかっても薪ストーブだろうって、心の中では思っていました。実際、休みの日に、居てもたってもいられなくて、近所のホームセンターに実物を見に行ったりもしていました。そんなワタクシの心を動かしたのが、こちらの商品でした。

SS-2.jpg

株式会社さかい産業さんの商品説明ページ

管理事務所にあったのはこのSS-2というモデルの前身であるSS-1でしたが、どちらの性能も同じで、こちらのSS-2のほうがよりスタイリッシュな外観に仕上がっていると感じました。

なぜ、薪ストーブで決まっていたワタクシの心が動いたのか、これは、何か直感というか、第一印象というか、商品を目の前にした瞬間に、「これは良い!」となってしまったのですが、冷静に考えてみると、以下のポイントが決め手になったと思います。

①本体が薪ストーブに比べ比較的安く、煙突部分の工事が簡素で、その分設置工事費も安い。
②本体前面のガラスから、燃える炎が見える。燃えても、同時吸排気式で、室内の空気がきれい。
③メンテナンスがラクで、燃料となるペレットを、プロパンガス、石油や薪と比較すると安い。
④小さいサイズながら、購入予定の平屋(約50㎡)全体を暖めることが出来る。
⑤着火は手動、灰を捨てたりするという、適度な面倒臭さがある。

燃料であるペレットは、何だかその見た目が飼い猫のトイレに使っているチップに似ています。



木質ペレットの特徴
木質ペレットには、次のような特徴があります。
1.原料は、再生可能な資源
 木質ペレットの原料は、森林の育成過程で生じる間伐材などや、製材工場などから発生する樹皮、のこ屑、端材など、再生可能な資源である木材です。これらを取り扱いやすい燃料にしたものが木質ペレットです。
2.環境にやさしいクリーンなエネルギー
 間伐材などを利用することにより、森の再生を手助けすることができます。また、木質ペレットを燃やす時に出る二酸化炭素は、樹木が成長する時に吸収した二酸化炭素だけですから、化石燃料のように大気中の二酸化炭素を増加させることはありません。
3.着火性に優れ、取り扱いが容易
 小さな円筒状に成形加工されているので、運搬や取り扱いが容易ですし、乾いているので着火性にも優れています。
4.他の木質燃料に比べて発熱量が大きい
 含水量が少なく圧縮されていますので、チップやのこ屑をそのまま燃やすより大きな発熱量が得られます。
引用 - 株式会社さかい産業 木質ペレットとは?

このペレットを、ストーブ上部から本体にドバーっと入れるのですが、運転時にはそのペレットが燃焼室に少しずつ落下し、燃えていく仕組みです。何だか、ストックしているペレットが燃えてしまいそうなイメージがしますが、その辺りはもちろん大丈夫なのでしょう。燃料としては、乾いた固形物ですのである程度ストック出来ますし、石油と違って臭いも無く、薪と違って薪割りの必要もありません。

結局、なんでもそうですが、薪ストーブ愛好家の方々にとってみればペレットストーブは全く別物と思いますし、燃料のペレットは工場で生産されるものですので、燃やして暖まるという部分は同じでも、自然のものをそのまま燃やすのが正統派スタイルとすれば、むしろこのストーブはそこからは外れているのかもしれません。ただ、ワタクシの場合は、あくまで週末の限られた時間の中で、たくさんのことを欲張りに楽しみたいと考えておりますので、石油ストーブのように、燃料の管理に気を使いたくないですし、薪ストーブのように、微妙な火の調整に時間をかけたくないのも、また事実です。薪ストーブは、将来の為に楽しみとしてとっておくとして、まずはこのペレットストーブにて、別荘生活最初の冬を迎えたいと考えております。

っと、まだこれから夏ですが・・・。はい。夢は大きく、準備は万端に。

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!


富士吉田うどん「柳原うどん」さん、訪問。【1店目】(2014年5月28日水曜日)

さて、近年はデフレの影響もあってか、「安くてうまい」食文化に注目が集まっていました。最近でこそ、アベノミクスの放った3本の矢によって、物価は高騰していますが、この経済の切り替わりのタイミングでは、尚更と「安くてうまい」の魅力が光ると考えます。

本日は、かねてから行ってみたかった富士吉田うどんのお店に訪問です。地元の方いわく、この地域一帯では、およそ40ものうどん店が、味によりをかけて営業中だそうです。本日の記念すべきワタクシにとっての第一号店は、「柳原うどん」さんです。



お店は比較的大きな道路に面したところに建っていました。駐車場も完備です。



注文は、こちらの用紙にて行います。地元の方々と一緒に訪問しましたが、こちらでは一人で冷たいうどんと温かいうどんの2杯を同時に頼むことも、珍しくはないとのことです。ワタクシは地元の方々のアドバイスを受けながら肉わかめうどん(中盛り400円)を注文しましたが、これはかなり安いです。山中湖の湖畔にある観光客相手のお店(もちろんそちらも旨いですが。)の半分以下の予算でランチが食えます。ワンコインという言葉が、お弁当業界ではにわかにブームのようですが、ワタクシの本日のランチの場合はワンコインで食えて、さらにワンコインのお釣りがきます。



席で待つこと約2分。この地域では昔土地がやせていて米が取れなかったので、こうやってうどん文化が発展したんですよーという、雑談をしていたかと思ったら、うまそうな一杯が運ばれてきました。



麺はかなりの固め。これが富士吉田うどんのスタイルだそうですが、これは嫌いではありません。スープは煮干ベースの比較的あっさりとした味付けで、こちらも飲み干してものどが渇くことはなさそうです。

食べながら、富士吉田うどんに載っているお肉は、馬肉が多いということも聞き、さらにこの辺りでは馬刺しも旨いものが食えると聞き、何だかグルメ心に一気に火がついた一日となりました。

柳原うどん



関連ランキング:うどん | 忍野村その他



全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





理想の物件を、契約準備中。

先日理想の物件に出会う。でご紹介した物件ですが、その後営業マンさんと定期的にコンタクトを取り、現地にも2度訪問し、契約するまでに至りました。まだ、物件は売主さんの所有ですので、写真も多く載せられませんが、1ヶ月後くらいを目途に、写真も増えると思います。

この機会に、本日は、不動産売買の「契約」についてちょっと噛み砕いてご説明致します。

不動産売買は、基本的に「契約」と「決済(引渡し)」の二段階に分かれるのですが、契約とは、すなわち「契(ちぎ)りを交わす」ということですから、買主と売主が、買いましょう、売りましょうという約束をする日になります。(男と女の場合は、「婚約」となりますので、これと同様に契約は中途半端な気持ちでは出来ません。)

個人売買を除き、多くの売買では仲介業者が間に入ることになりますが、契約日には、物件に関する重要事項の説明を、国家資格である宅地建物取引主任者の資格を持った仲介業者の人間から聞き、その後、契約の説明を聞くことになります。どちらもそれぞれ「重要事項説明書」と「不動産売買契約書」という書類の内容を読み合わせしますが、内容を理解して、納得したら最後に2通の書類に署名と捺印をして終了です。後日予定される、売買代金の決済日(引渡日)に比べると、三文判と手付金(売買代金の5-10%相当)、身分証明書類さえあれば契約締結となりますので、役所から書類などを集める面倒、大金が動いて変な汗をかいてしまう決済日に比べると、どちらかというと「決断」という気持ちが占める割合が大きいのが契約日となります。

契約書には、このあとに続く「決済(引渡し)」の予定日も記載されています。日程は、当事者での打ち合わせで決定をするのですが、契約から決済までの期間、買主は役所で書類を揃えたり、銀行とローンの手続きを進めたり、司法書士に所有権移転の手続きを依頼したりの準備期間となり、売主は物件に残った動産類を整理したり、思い出の詰まった物件で最後の時間を過ごしたりと、この辺りは日本人の持つ神道の心というか、まぁ、不用品は捨てるしかないかもしれませんが、全てのものに神さまがいるような、今までありがとう。と、手放す方が、やはり年配の方ほど多いと感じております。

ワタクシはいつもは説明を差し上げる立場にいますが、やはり契約書類には不動産の専門用語が多く出てきますし、そもそも不動産売買を全体の流れの中で捉えて、売買契約の持つ意味を、人生でそう何度も無い数時間の場で、普段、それぞれ違った分野でお仕事をされている方々がビシッと理解をすることは、不可能とも思います。ですので、相性の合う、知っておいたほうが良いポイントをちゃんと説明してくれる営業マンとの出会いは、大切だと思います。あとは、契約書類に署名と捺印をしたら、法的にも当然責任が発生しますので、理解できないことがあれば、書類にエンピツでチェックをつけながら、署名捺印前に全部確認することをおススメ致します。出来れば、契約日前に契約書類の案を事前にもらうこともいいでしょう。

不動産の買い物は金額も大きくなります。ですので、準備も時間をかけて入念に行う必要がありますので、その分、「買います・売ります」という意思を確認する日=契約日と、売買代金の決済、物件の引渡しまでにワンクッションを置くのですね。

決済(引渡し)については、また後日ご説明致します。




全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





余ったツーバイ材で、猫の爪とぎ台を、夜の9時から造る。

先日、ディアウォールという、ニッチな逸品で、猫用壁掛け階段を作る。(その1/2)ディアウォールという、ニッチな逸品で、猫用壁掛け階段を作る。(その2/2)にて使用したツーバイ材ですが、色々なサイズで使ったために、結構長めの状態で4本程余っておりました。いつまで置いておいても邪魔なので、猫の爪とぎ段ボール用の台を造ることにしました。

まだまだ体調が回復段階で、今日で禁酒生活も5日目となりましたが、仕事帰りの晩飯にラーメンをすすり、夜の9時から作業開始です。普通、DIYは休みの日の昼間にやるものと思いますが、思い立ったが吉日なワタクシは、仕事中にふと思い立ったアイデアを自分の中に抑え込むことができず、小雨の降る薄暗いバルコニーを、パンツ一丁でひとり材料にのこぎりを入れました。



先に書いておきますが、このブログの今日までのDIYは、DIYとは呼べないような、皆様から見たら子供の木工教室レベルの作業ですが、本人にとっては、仕事のストレスを発散できるひとつの方法でもあります。また、酒に溺れていた最近の夜と決別するといった意味では、このブログを書くことと同時に一役買っております。



夜も9時を回ると、下手をするとマンションの上下階、お隣さんはお休みになられる頃かも知れません。ですので、なるべくビス止めの音が小さく、短時間で済むようにと、キリで下穴を開けていきました。この辺りは、仕事帰りDIYの最低限のマナーでもあります。



愛猫家の方はうんうんと、ご同意を頂けると思いますが、猫という生き物は、外から取り込んだ洋服に座ったり、使用中のノートパソコンのキーボードに座ったり、人が集中すればするほど、その対象に座ったり、寝そべったりしてきます。



途中、材料の上下を取り違えたりしましたが、音を出す回数を減らすために、そのまま作業を続行致しました。ビスは合計16本打ちましたが、特に爪とぎダンボールを支える根太の部分は、8本のビスを30秒ほどで打ち切りました。

クローゼットになぜかあった傷防止パッドを貼ります。猫を飼っている方で、フローリングのお部屋の家具にこういったパッドを貼る場合、材料の角ギリギリに貼ると、ゆくゆくパッドについた猫の毛が普通の状態でも見えるようになるので、こうやって写真のようにだいぶ内側に入れて貼ると、毛だらけのパッドが本体から隠れます。



早速、飛びついてきます。この爪とぎダンボールは、マタタビの粉がまぶしてあるようです。









何だか、マタタビパワーでマッタリとベットのようになってしまいましたが、単体のままだとあまり思い切って爪を磨げなかった彼も、これで力いっぱい、思いっきりと爪を磨ぐことができそうです。

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!



 

猫の毛を掃除し、フロアーワイパーシートについて想う。

まだ本調子ではない胃腸の様子を伺いながら、まだ所有していない別荘の床張替えに使う無垢材を何にしようかと、まだくよくよと悩んでいるワタクシですが、体調不良の間に自宅のフローリングを掃除していないことに気が付きました。



猫を飼っている皆さんは、もう痛いほどご存知と思いますが、猫は毛が抜けます。ウチのは短い毛をしていますが、子ネコの頃は抜けなかった毛が、1歳を過ぎてきた辺りでポロポロと抜けるようになりました。以前は掃除機を週に数回かければきれいだった自宅の床も、彼が来てからは毎日フロアーシートでスイスイやらないと、あっという間に部屋のコーナーに毛玉が出来上がってしまうのです。

かれこれ1週間弱は体調不良で家事をしませんでしたので、ちょっと怖いですがウェットタイプのフロアシートで掃除をしてみます。



※皆様のお目を汚しまして、ゴメンナサイ。
まぁ、想定の範囲内ですが、やっぱりかなりの毛が集まりました。このあと、いつもですとシートを裏返してからもう一回、こうやって室内の床に、もはやばら撒かれたといってもいいほどに積もっている毛を集めるのが、愛猫家のワタクシの仕事でもあります。

さて、ところで毎日、毎日、この掃除が終わった後のフロアシートをみて想うことがあります。



このシート、ワイパー本体のビラビラとしたベロに食い込ませて本体に固定をする訳ですが、こうやって中央部分は一生懸命汚れを集めたのに比べ、ビラビラに食い込ませる為の、いわば余白になった両端は、いつもこうしてまっさらに純白を保っているのです。

こうやってみるとシート両端のその部分というのは、もう、工場でカットされた時点で、床のゴミを集める役目をやらせてもらえず、主役である中央部分の為にパッケージされたんだなと思うと、何だか、フロアシート両端の声がワタクシの心に響いた気がした、そんな夜でした。

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!




    

Amazonで欲しいものリストを作成して、その日に備える日々。

さて、過敏性腸症候群という、まぁ、ストレスが原因と思われる下痢に悩まされて、ブログ更新はもちろん、仕事すら本気モードで出来ない一週間でしたが、薬によってようやく回復傾向になっているワタクシです。今日の朝に見た天気予報では、今年の夏はエルニーニョ現象の影響から、冷夏になる可能性があって、そうなると富士山麓周辺は寒そうだなぁと、なんだか、お腹の具合を中心にテレビを見てしまいました。

体調が悪い時には寝床で休むのが一番ですが、そんな時に、本当はやめた方が良いのでしょうけど、iPadminiをお腹の上に置き、枕を高くしてインターネットをしてしまうワタクシです。そろそろ別荘のDIYに向けた工具を準備していこうということで、iPadのメモ機能には工程表、そしてAmazonにて「ほしいものリスト」なる機能を使って、工程表に書き出した、必要なもの、主に工具類をリストに追加しています。

wish-list.jpg

こんな感じに、自分だけの「ほしい物リスト」が作れますが、使い方は、Amazonアカウントにログイン後、注文をする際にクリックするボタン下にある「ほしい物リストに追加する」ボタンをクリックするだけと、簡単です。ちなみに作成したリストは、 ほかの人が検索して、閲覧することが出来るようにも設定が出来ますし、リストへのリンク先URLをメールで受け取った人のみがリストを閲覧できるようにも設定が可能です。

howtoaddtoyourwishlist1.jpg

商品によっては、別荘地まで直接配送を計画していますが、事前の調査によると、家電製品のような大きな商品でも別荘地までの直送が可能のようです。ですので、いつの日にか、作成したこの「ほしい物リスト」の現地直送、大人買いが出来る日を夢見ているワタクシであります。

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





富士山ライブ画像で、不眠症の朝に一息をつく。

さて、何だか5月も連休が終わって、朝5時からもう窓の外は明るくなっています。不眠症のワタクシには、悩ましい太陽なのですが、最近は、目覚めてしまってから二度寝する前に、山中湖村役場観光課のウェブサイトから、富士山のライブ画像を見て、まだ雪の残る山に思いを寄せています。今年は、2月の大雪で残雪が多いらしく、ワタクシの好きな、雪をかぶった富士山をもうしばらくは眺められそうです。



全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





THEME:田舎暮らし日記 | GENRE:ライフ | TAGS:

内装の壁を仕上げる漆喰を勉強中

さて、昨日は水曜日で仕事はお休み。最近、結構通っているジョイフル本田にて、面白い商品を発見しました。

漆喰うま~くヌレ~ル(日本プラスター株式会社)

これから所有する予定の別荘では、内装の壁を普通の壁紙ではなくて、漆喰か珪藻土で仕上げたいと夢見ているワタクシですが、こちらの商品はすでに練った状態の漆喰を、様々な大きさのケースにいれて販売しています。店頭のDVDに思わず見入ってしまいましたが、何でも空気に触れなければ10年先も製品の施工前の状態を保つとのことです。6畳間を塗るには、写真に写った大きなバケツ(18Kg入り)と中くらいのサイズ(5Kg入り)の2本が必要で、大体2万円程で壁全体を1mm厚にて仕上げることができるそうです。

ワタクシが現場監督をしていた頃、恐らくその頃が珪藻土の出始めだったと記憶していますが、やはり予算が厳しいお客さんが、自分で塗り壁を施工していたケースがありました。仕上がりは左官屋さんに及ばないものの、コテムラを生かす塗り方を選んで、あとは塗りたくない部分の養生をしっかりとやれば、悪くない仕上がりになることは経験済みです。

こちらの商品は、店頭で流れている、塗り方紹介や左官道具の紹介を含んだDVDが無料でもらえましたので、まぁ、ラッキーと、一枚を頂いてきました。

ただ、ここからが元現場監督の目線ですが、漆喰は仕上がりがつるっとして、きれいですが、調湿効果が期待できません。(まぁ、それ以前に、先程のお話のとおりに、素人のワタクシが平らにつるっと仕上げるのは、最初から難しいのですが・・・)別荘地は、以前「別荘はなぜカビ臭い?」でも考察したとおり、その場所柄湿気の多さが問題になります。外周りの土間コンクリートの補修などもあって、小さな電動ミキサーを購入しようと考えているワタクシですので、多分リビングは調湿効果があって、仕上がりもラフでOKな珪藻土で塗ることになると思っております。

まだまだ、DIYの偏差値を上げるための予習は続きます。



全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

バナークリックで、ランキングにご協力ください!



THEME:住宅・不動産 | GENRE:ライフ |

ディアウォールという、ニッチな逸品で、猫用壁掛け階段を作る。(その2/2)

ディアウォールという、ニッチな逸品で、猫用壁掛け階段を作る。(その1/2)に引き続き、最後の仕上げに挑みました。

前回もご紹介したスカイウォールという、まぁ、ワタクシが勝手に名付けたパーツですが、長さ約3Mあるリビングの両端を一枚の板(ワンバイテン10Fもの【長さ3,050】)で結ぼうという計画です。よくよく考えてみると、ここまでの長尺ものを運ぶのが一苦労です。



マンションのエレベーターはもちろんこんなに長い板は入りませんので、非常階段にて部屋まで運びます。



施工自体は簡単でして、こんな感じに両端の柱に固定をしました。実は、本業の仕事が終わった後、焼き鳥屋でホッピーを飲んだ後の作業でしたので、何度か板が頭の上にボーンとずり落ちてきて大変だったことは、この写真からは分からないでしょう。



多分、細かい調整が必要と思いますが、今朝見たところでは、まぁ猫の重さには十分耐えうる構造になっていると思います。

かかった費用まとめ
【材木関係】
ツーバイフォー(柱用)12Fもの(長さ3,650)@645円×5本 小計3,225円
ワンバイテン(階段踏み板用)8Fもの(長さ2,440)@1,831円×1本 小計1,831円
ワンバイテン(スカイウォーク用)10Fもの(長さ3,050)@2,243円×1本 小計2,243円
ワンバイフォー(天井部分力分散用)6Fもの(長さ1,820)@200円×1本 小計200円
【金物関係】
カラー棚受白色(150×200)@142円×8本 小計1,136円
カラー棚受白色(250×300)@245円×2本 小計490円
T字プレート @108円 小計108円
「ディアウォール」 @889円×5セット 小計4,445円※別途送料520円
【その他】
計画変更で使わなくなった水性塗料 @1,058円×1 小計1,058円
上記で使うはずだった刷毛 @200円×1 小計200円

以上合計、14,936円。但し、お店までのガス代や楽天の送料は除く。

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ランキングにご協力ください!



続きを読む

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。