富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ
2014年07月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100円ショップで、すきまテープを買う。(ダイソー)

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

手に入れた中古別荘は、アラフォーのワタクシよりも10歳も年上の大先輩ですので、結構細かいところにガタがきています。特に、サッシ周りは、木製ということもあって、レトロな雰囲気が素敵なのですが、その建付けに問題があって、ご覧のように網戸のサッシに関しては、ちゃんと閉めたつもりでもいい感じに隙間が開いていて、そしてそこから虫が入ってくるという、悪循環でございます。



すきまテープ(長い起毛タイプ2m)(ダイソー)
中国製




店頭では、この毛足が長いタイプと短いタイプの2種類が並んでおりました。今回は、ご覧のような大胆な隙間っぷりですので、迷わず長い起毛タイプを手に取りました。



ちょっと分かりにくいかもしれませんが、左右のサッシのぶつかるところで、前後に貼る位置をずらしましたので、両側から起毛部分がちょうど交差するような形で貼りつけてみました。



ご覧のように、しっかりと隙間が埋まりました。本当は木製サッシを外して、カンナで削って調整したいところですが、今は他にやることが多すぎて、到底そんな時間はありませんので、この費用対効果には大満足です。

が、



ふと、この別荘のサッシを良く見ると、今回の隙間を埋めても、網戸を使っている以上絶対に隙間が生じて、虫さん達が室内に入ってきてしまう抜け穴を発見してしまいました。なんせ、昭和40年代の木製サッシですので、住宅の気密なんて概念そのものがなかった時代のものです。無理もありませんが、こうなると、もう虫はある程度しょうがないかなと思えてきました。

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





スポンサーサイト

DIY前の、大掃除。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

念願の中古別荘は、前のオーナーさんの所有物はほぼ全部撤去をして頂いてからの引渡しとなりましたので、ぱっとみできれいなのですが、家具がない分、長年の汚れがかなり目立つ状況でもあります。これからDIYを始めるにあたり、室内のクリーニングは必要ないのかもと思っておりましたが、サッシ周りなどは交換の予定もありませんので、やはり一度きれいにしようと決めました。ちょっとずつきれいになっていく別荘を見ていると、何だか、やっぱり生まれ変わっていくというか、気分がすっきりとしてくるので、ついついクリーニングにも力が入ります。





DIY作業期間中のベースキャンプにしようと考えている6帖洋室です。小さな窓が合計4つ付いております。日当たりが悪いせいか、サッシ周りのペンキも比較的状態が良く、掃除をするとかなりきれいになりました。





リビングの富士山が見える側の網戸サッシです。泥汚れというか、ホコリというか、何だかうっすらとした汚れも、すっかりきれいになりました。





リビングのサンデッキのある側のガラスサッシです。こうして写真で見ると、もう一回、コーナーの部分をつまようじを使ってきれいにしたいと思います。こちら側は日当たりも良いので、ペンキの剥がれがかなり進んでいますので、泥汚れを落とした後は、剥がれていくペンキの破片が気になるところです。数年のうちには、一度塗装が必要と思います。





こちらは、大きな屋根の下にある、ワタクシお気に入りのスペースです。ご覧のように、土間のコンクリートがバキバキに割れてしまっていますが、ここは基礎内部への空気循環も考えて、今後大幅にいじっていく予定の場所でもあります。ここは多少の雨が降っても、全然大丈夫ですので、こちらのブログの開設当時に色々と本を買ったり勉強した、ピザ窯の設置も夢見ております。あと、雰囲気の良い照明器具などを付ければ、ディズニーランドにあるカリブの海賊のスタート直後左手に見える家のような、リラックスできる空間になりそうです。

今週は初夏の別荘で、土木仕事DIYをしてバテる。同様に、ここのスペースも落ち葉がたまっているのと、細かい木片などが落ちていましたので、高圧の洗浄ガンにて全て吹き飛ばしてしまいました。

ちょっと、建物の下を覗くと、まだ前の所有者さんの残置物が少し残っているのと、その荷物が空気の流れを妨げているのが確認できましたので、早いうちに、この基礎周りの掃除と、基礎コンクリートの点検、補修に取り掛かっていきたいと思います。

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





初夏の別荘で、土木仕事DIYをしてバテる。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

大掃除の途中で、アリの食害?を発見。で見つけたアリの大群。彼らは、別に湿気もない土から高い場所にある土台部分から、さらに壁内を通って高く登っていましたが、一週間後に訪れた時には、先週の帰り際に撒いた蜂用のスプレーが効いたのか、同じ場所には一匹もいませんでした。今週は、ヒバ油という、シロアリ防蟻処理に使う天然素材の油を土台周りにスプレーしてきましたが、別の場所にいた例の小さくて赤茶色をしたアリも逃げていきましたので、これは効果がありそうです。

さて、ここ数回は室内のクリーニングと、インターネット環境の設定作業で、すぐに滞在時間が終わってしまっていますが、今回は玄関周りに溜まった落ち葉の片づけと、今後の土木作業のために日中の貴重な時間を使いました。



風水とか、そういった類は信じないのですが、やっぱり建物の入り口が汚いのはどう考えても良くないでしょう。あと気になっていたのは、落ち葉の高さと、基礎コンクリートの天端がほぼ同じレベルになっていますので、これだと木造の躯体にも湿気の影響があるでしょうし、先日のようなアリの被害も受けやすいと思います。



これが作業開始直後の様子です。実際、玄関があるこちら側にはトイレや浴室、そしてDIY期間中のベースキャンプに使おうと思っている6帖の洋室があるのですが、いずれも室内が湿気臭いのです。6帖の洋室はびっちりとクリーニングをしましたが、やはりあの臭いだけは問題の根本を解決していかないと、例え将来的に調湿効果のある珪藻土を塗ったりしてもダメでしょう。



写真だとあっという間に、そして、言われないとどこをいじくったのか分からない位の変化ですが、これだけの落ち葉と土をクワとシャベルで動かすのは、普段クーラーの効いた事務所で、あったかいコーヒーを飲みながらパソコンで契約書を作っているアラフォーサラリーマンのワタクシにとっては、非常に堪えます。



逆側からのアングルです。これは将来的に考えないといけないのですが、基礎コンクリートに向かって傾斜になっています。まぁ、写真左側が山側ですので当然といえば当然ですが、これだと降った雨は基礎コンクリートに向けてまっしぐらです。



落ち葉にまみれて、こんな感じで木がいくつか埋もれていましたが、ご覧の通りにアリの食害にあっていまして、やはり基礎周りは土のままよりも、砂利とかにしたほうが懸案の虫対策にも有効と思いますし、何より建物の寿命にも良い影響になるでしょう。

DIY始める前に、ジムに行こうかと、真面目に考えさせられた土木DIYデビューの日でした。

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





富士吉田うどん「ふもとや」さん、訪問。【3店目】(2014年7月23日水曜日)

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

すっかり富士吉田うどんにハマッてしまったワタクシですが、夢はすでに全店制覇でございます。まだまだ始まったばかりの3店目ですが、オーダーの仕方や、辛いゴマ調味料の使い方等、ビギナーじゃないぞという、変な自信すら芽生え始めております。



ふもとや



関連ランキング:うどん | 富士山駅





ビギナーには、もしかすると結構ハードルの高い注文票です。今回もお店に入って、結構たくさんいる店員のおばさま達は、皆店内を小走りに忙しく働いておられますので、どうやって書くかを聞くタイミングもありませんのでした。笑
あまり難しく考えず、普通に「肉天うどん」に棒線を一本引っ張って、おばさまに渡しましたが、小心者のワタクシですので、念の為、一言聞いてしまいました。「こうやって書けば大丈夫ですか?」
すると、右隣で冷たいうどんをすすっていたサラリーマンが、ジロッとこっちを見てきます。「あぁ、これが地元のお店だなぁ。どうせワタクシはうどん初心者ですよ。」と、小心者のワタクシが心の中でつぶやきます。そして、注文票を受取ったおばさまがワタクシを見つめ、「可愛い坊や、初めてなのね。」というような目で微笑みます。


肉天うどん(500円)

注文後、数分で注文の品が出てきます。牛丼屋と同じくらいの時間感覚ですので、まさに富士吉田のファストフード、今やUDON屋はロシアにも出店中らしいので、ますます増える外国人観光客向けにも、もっともっとアピールをして欲しいです。

ところで、うどんを手渡される時に、さっきと違うおばさまから「おしんこも食べてね」と、やさしい声を掛けられます。しかし、目の前を見てもどこにもおしんこは置いてありません。しかも、このおばさまもまた、忙しそうに店内を小走りに動いております。この時点で、入店前の「ビギナーじゃないぞ」という、虚栄心は、ボロボロに崩れ去っていましたが、そんなつまらないことは、このうどんをすすればどうでもよくなります。

相変わらずコシがあって、汁がちょうどいい塩分で旨い。



最初に汁をすすった後は、例の赤くて辛いゴマ調味料を入れてみます。すると、みるみる汁が赤く染まり、また、その汁をすすると毛穴から汗が吹き出てきます。

すごい満足感とともに、お会計を終わらせたワタクシ。入口まで歩くと、左手に、テーブルに載ったおしんこを発見。満足感と敗北感という、複雑な心境の中、店を後にしてきました。

ふもとや



関連ランキング:うどん | 富士山駅




富士吉田うどん カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





念願の光ファイバー回線、導入。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

ワタクシの自宅はマンションで、最近流行のネット無料物件になっております。今回、富士山麓の別荘にインターネット回線を引くにあたり、色々な検討を致しました。

①使っているソフトバンクケータイの契約特典で、ADSL回線にする。
スマホBB割という契約だと、2年間で最大iPhoneの請求が月々1,522円割り引かれる。
別荘にテレビは必要か?でもちょっと出た、ポケットルーターを契約して、携帯用の無線WiFi環境を別荘に置いて使う。

③10年ほど前に、自宅で引いたことのあるNTTの光回線を引く。

結果として、価格コムのプロバイダのページにある、キャッシュバックにつられて(というより、かなりお得なプランで、7万円近いキャッシュバックがあるので、2年間の実質費用 3,348円/月/5年間の実質費用 5,256円/月という計算になるようです。)③となったのですが、①に関しては割引を考慮しても、③のキャッシュバックを考えると、全然安くない※ということ。②は、山中湖の湖畔こそ、4GのLTEエリアみたいですが、ちょっと山に入ると3G電波しかない。ということで、案外あっさりとNTTの光回線に決定となりました。
※ワタクシは独身なのですが、固定通信サービス1回線(=ADSL回線を引く家1軒)につき、携帯電話回線最大10回線まで適用となるので、家族全員ソフトバンクだったりすると、割引どころか、プラスになってしまう計算になります。

さて、工事当日です。約束をした時間よりもちょっと早く、ゴンドラ付のトラックが、霧の中登場しまして、運転していた方が手際よく光ファイバーをさばいていきます。



引き込みの場所を確認して、前面道路の電柱から光ファイバーを屋根近くの外壁に留め、さらに、雨仕舞いを考えて引き込み部分まで留めていきます。



光ファイバーは、ガラスのような性質をしているとのことで、急激に曲げてしまうと内部で折れてしまうそうです。



コンセントボックス付近から室内に入れてもらいました。さすがはプロの仕事で、きれいに既存のコンセントボックスに穴を開けて、すぐ隣に光回線用のプレートが設置されていきます。



壁は、ゆくゆくいったん全部剥がして、珪藻土を塗れるように石膏ボードを貼りますが、その際の注意事項もしっかりと聞いておきました。



まだまだ湿気対策もしていませんので、和室の押入れに置いてあった桐のスノコを下に引きました。ヤフオクで購入したネットワークカメラが写っていますが、ゆくゆくは無人の別荘内をこのカメラで自由に見られるように設定をしようと考えております。

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





大掃除の途中で、アリの食害?を発見。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

手に入れた別荘は、アラフォーのワタクシよりも、さらに10歳も年上ですので、細かいところを見ると、結構ガタがきている部分が目につきます。まずは、DIYの前に、とりあえず滞在ができるようにと、先週に続いて今週の休みも大掃除となりました。

木製のサッシなどは、もし建築当時から交換されていないとすると、もう50年も経っている計算になります。その割には、厚塗りのペンキはハゲが目立ちますが、戸車の動きなどは結構スムーズです。ただ、ワタクシの目指す気密化には、もう、どう考えても限度がありそうでして、建付けの調整などである程度は改善すると思いますが、サッシがある開口部からの湿気の流入などは、さらなる工夫と対策が必要になりそうです。

さて、DIY作業期間中の室内ベースキャンプに決めた6畳の洋室を、せっせと雑巾がけをして、それから掃除機、仕上げにはアルコールスプレーによる簡単な除菌を済ませ、一息つきますと、雑巾を洗っていたキッチン脇で気になる木屑を発見しました。ここは先週の大掃除できれいにしたはずの場所です。以前から、天井付近の合板から、同様の木屑があふれるように出ているのは知っていましたが、屋根は数年前にきれいに葺き替えていますので、雨漏りの跡と考えていたこの木屑だったのですが、何か気になって外に回って見てみました。すると・・・



♪あんまり急いでごっつんこ~、アリさんとアリさんがごっつんこ~♪

仕事上、シロアリの食害はよく見ていますし、東京ではシロアリは大きく分けて2種類(ヤマトシロアリ・イエシロアリ)いることも知っています。また、シロアリという名前から、やつらはアリの仲間と思われていますが、実はワタクシが大嫌いなゴキブリの仲間であることも、十二分に知っております。活動期の彼らの、生きる姿も何度も見ておりますが、そんなアリとは、ちょっと違った姿をしております。その姿は、まさにアリそのもの。アリ以上でもなく、アリ以下でもありません。

しばらく観察しますと、どうも赤茶色をしたこのちびっこい奴らは、卵を右から左へと運んでいるようです。東京でよく見る黑いアリは、シロアリが大好物で、シロアリの卵も食べちゃいますし、シロアリ自体を食べてやっつけてくれるのを知っていますが、どうもこの赤茶色のチビたちは、敵陣地から卵を盗んでいるというよりも、皆で協力をしながら、大事そうにどこかの部屋から、孵化用の部屋に自分たちの卵を移しているようにも見えます。その姿、まさにディズニー映画「アント」を彷彿とさせます。いや、実は別荘が大変な食害を受けているのかもしれませんが、なぜかワタクシの脳裏に浮かんだのは、靴で踏まれそうになったのに、靴底のゴムの凸凹にうまくはまって助かった、あの映画の主人公でした。笑

ネットで検索をしましたが、アルゼンチンアリという、外来種に似ているのかなぁ、と思いましたが、室内にあった木屑は、明らかに木部を食べている跡ですので、その種の説明とは一致しません。今、こうしている瞬間も、撮影した動画のように、躯体の木部をガリガリと食べられて、ラスベガスで大当たりしたスロットマシンから溢れ出すコインのごとく、ボロボロと穴から噴き出している木屑を考えますと、もう、今度の水曜日が待ち遠しくて、たまりません。



全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





富士吉田道の駅で、B級グルメ富士吉田うどんを食う。その2

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

先週、富士吉田道の駅で、B級グルメ富士吉田うどんを食う。で記事に致しましたが、今週の休みもまた、富士吉田道の駅を通過したのがお昼13時頃、実は、その前からうどんの事を考えながら運転していましたので、付近に到着した頃には、胃も脳も、空腹の絶頂を迎えており、2週続けての訪問となりました。

道の駅 富士吉田(ふじよしだ観光振興サービス公式サイト)


麺類に目が無いワタクシですが、うどんはラーメンに次ぐ、大好物であります。この吉田うどんは、テレビで何度も見て、いつか食いたいという、もはや夢のようになっておりましたので、初めて食べた感動、そしてその味から、こうやって中毒になるのも、無理はありません。シンプルで、安くて、旨い。もう、最高です。

吉田のうどん(富士吉田市公式サイト)

先週訪問をした際には、うどんが腹持ちする食べ物ということで、ちょっと様子をみましたが、今回は、もう空腹の絶頂ということで、炭水化物+炭水化物(うどん+カレーライス)という、禁断の組み合わせに手を出してしまいました。そうです。れいのやつ、その名もレーダードームカレーとうどんのセットをご注文です。



かけうどん・ミニカレー・小鉢セット(680円)

うん?記事を書いて、初めて気がつきましたが、前回注文寸前であきらめたドームカレーのゆえんは、その白く、富士山レーダーのごとく高く盛り付けられたご飯がそれで、今回ワタクシが食したのは、メニューどおり「ただの、カレー(ミニサイズ)」でした。痛い。それにしても、相変わらず貧乏丸出しに、無料の揚げ玉は、富士の裾野のように高く、広く麺をカバーしております。



今回は、ドームカレー(のつもりで食べた)のボリュームのこともあり、もう一方の炭水化物=うどんは、一番シンプルなのを組み合わせました。もしこれが、カレーうどんだったら、もう、「俺はいったい、何を食いたいんだ」、と大変だったでしょう。肝心の味ですが、うどんはもちろん、この時点ではワタクシの中でドームカレーだったそれは、プレミアム感もあってか、後のせの大きな野菜がポイントで、旨かったです。



吉田うどんは、どのお店にも薬味(ゴマだれ・擂りだね)がテーブルに置いてあって、耳かきのようなスプーンですくうのですが、これが辛いんです。辛いけど、すごく味に深みが出るのですが、何でも七味やゴマ、山椒等を使って作る、富士吉田独自のものらしいです。そういえば、山中湖湖畔で山梨名物ほうとうを食う!で、右も左も分からない状態で訪れたほうとうのお店でも、自家製のこれが置いてありました。



テーブルには、吉田うどんの由来と、食べ方ルールが、親父の小言のように置かれています。最終的に、味付けは食べるお前がやれ。という、フリースタイルなところにますます好感がわきます。「他の調味料、薬味って、この辛い赤ゴマしかないじゃないか!」って思ってよくみると、その隣には味の素が置いてありました。意外に、あの旨み成分と、このスープは合うかもしれませんが、見つけた頃にはすでに満腹状態で、ご存知の通りに一気にうどんへの興味が消えた頃でしたので、この組み合わせは次回以降に持ち越しとなりました。


道の駅富士吉田
〒403-0005 山梨県富士吉田市新屋1936−6

富士吉田うどん カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





別荘の大掃除をした帰り道で、鹿の親子と目が合う。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

昨日は、休みを利用しての別荘訪問だったのですが、まだまだDIYを始めるという段階ではなく、例えば昨日は、河口湖インターを降りた後、前から気になっていた「忍野八海(おしのはっかい)」を訪れて、アジアからの観光客の多さに驚き、ホームセンター「ケイヨーデーツー」で、品ぞろえの確認ついでにシャベルを衝動買いしたりと、戦う前には、敵を知れ。と、まぁ、誰が敵なのか分かりませんが、まずは地域を知りましょうということで、結局別荘に着いたのは3時頃になってしまいました。

別荘では、ただいま記事を準備中ですが、まずはDIYをするにも、寝泊まりできる空間が必要ですので、室内にベースキャンプをはる為に、ひとつの部屋を徹底的に掃除をしました。実は、作業中にシロアリと思われる食害を見つけて、床下を見てみるとリアルタイムでアリがせっせと卵を運んでいる場面を見つけたり、カーテンの裏にでっかいクモを見つけたりと、もう、本当にハプニング続きでした。この辺りも、記事のネタには困らない程に写真と動画のデータが揃っておりますので、順次公開しますが、特に動画は、最初のフォーマット作りが大事になりますので、もうちょっと時間がかかりそうです。

さて、そんな作業を終えて空腹で別荘を出発したのは、午後7時頃。まだ、うっすらと明るさの残る山道を走っていると、何かが前方に。ブレーキを踏み、良く見ると、それは鹿の親子でした。不動産会社の営業マンさんから、「家庭菜園をやっても、鹿に食われてしまいます。」と言われ、それでも「またぁ、大げさにおどかしちゃって。」と、心でつぶやいたシーンが、反射的に脳裏に浮かびます。

あぁ、この可愛いのが、野菜たべちゃうのね。

彼らが、別荘の窓から望む家庭菜園に来てくれるのならば、観光で行ったどこぞの牧場で買った、5本で100円のニンジンよりもいいじゃない。少なくても、イノシシよりかは、癒し効果のありそうな、親子でありました。



全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





夢の富士山麓中古別荘、売買代金決済完了。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

理想の物件を、契約準備中。にて、無事契約になった富士山麓の中古別荘。先日、晴れて売買代金の決済も完了し、もう、いつでも自分の好きにイジくれる状態になりました。

この機会に、本日は、不動産売買の「決済」について、前回の「契約」と同様、噛み砕いてご説明致します。

不動産売買は、基本的に「契約」と「決済(引渡し)」の二段階に分かれることは、以前の記事にてご紹介したとおりなのですが、決済(引渡し)とは、契約の日に、文字通り「契(ちぎ)りを交わした」相手と、その内容を履行する日でもあります。
※厳密に言いますと、所有権が売買代金全額の支払いと同時に移転するという、ごく一般的な内容の不動産売買契約書は、契約の特約事項になっていて、もし、この規定が不動産売買契約書なかった場合は、契約の締結と同時に所有権は移転してしまうことになります。(まぁ、法務局への手続き等、実際は現実的ではありませんが、民法の規定ではそうなっているのです。)

実務的、利便性等から、実際の取引では前回の「契約」でご説明したとおり、契約日と決済日は1ヶ月ほど空く場合が多くて、その間に売主・買主は色々と準備を進めていくわけですが、この間は契りを交わした相手と、その内容を履行するために準備をする期間です。まぁ、無理やり男女の関係にたとえますと、抵当権などの債権、債務の部分は、「男女関係過去の清算の巻」みたいな感じになりますので、人によっては、相当な労力を以って、準備をする訳であります。

決済は、一般的には買主が購入資金を預けていたり、ローンを組んだ金融機関の本支店や、支払が小切手の場合は不動産業者の事務所などに、売主と買主、取引を仲介した不動産業者と司法書士が集まって行います。ここでは、所有権移転の手続きを行う役目の司法書士が司会者のようになって場を進めることが多く、登記関係の書類確認や本人確認が終わり、売買代金の支払いが確認できたら「では、おめでとうございました。」と終了になります。銀行が月末で混んでいない限り、契約の時よりも早く終わることが多いです。

後日、所有権の登記が完了するのですが、所有権が移った日は、この決済が行われた日が記載されます。

さて、いよいよ、DIY別荘リフォームが始まります。

物件選び カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





富士吉田道の駅で、B級グルメ富士吉田うどんを食う。【2店目】

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

台風8号が近づく中、休みを利用して富士山麓へと車を走らせました。

河口湖インターを降りると、その近辺は富士吉田市になるのですが、最近はB級グルメの街!?でも有名で、「富士吉田うどん」は、もはやB級と呼ぶには失礼な程に、観光客へもアピールがされています。市の公式サイトには、うどん屋リストが掲載される等、地域を挙げての売り込みに、世界遺産のあるまちの意地を感じるワタクシであります。

吉田のうどん(富士吉田市公式サイト)

到着した頃、まだ台風の影響はなく、晴れ間がのぞく中、以前から気になっていた「富士吉田道の駅」に寄って見ることにしました。河口湖インターから、山中湖に向かって進むと、この施設はあるのですが、河口湖から有料の東富士五湖道路を使ってしまうと、通り過ぎてしまうので注意です。



ここに寄った理由は、ちょうど昼時だったこともあり、吉田うどんが食えるという道路わきの看板に誘われたのと、富士山の麓から湧き出る湧水を、ペットボトルに詰めて持ち帰る人が多いという、水汲み場をチェックする目的がありました。その他にも、敷地内には富士山山頂から移設してきた、富士山レーダードームがあったり、地ビールが飲めるレストランがあったりと、もったいないので、ちょっとずつ開拓をしたくなる設備がいくつか連なっております。



腹が減っては、道草はできん。ということで、軽食コーナーにある富士吉田のうどんコーナーに足を運びます。市内に80以上あるといわれる中から、どこかのお店が出店しているのかと思いましたが、どうやらそうではないようです。(この時点では、よくある失敗パターンを覚悟していました。笑)

うどんが思いのほか、腹にたまることを知っているワタクシは、食欲に負けず、肉わかめうどん(並盛500円)のチケットを購入します。もちろん、レーダードームカレーには、後ろ髪を引かれる思いで自らに我慢を言い聞かせます。



富士吉田市周辺では、とりあえず身の回りのもので、富士山に姿かたちが似たものは、便乗商法で儲かりまっか?というケースをかなり多く見かけます。こちらでは、湯呑茶碗が、感動的なフィット感で富士山の姿になっていました。



そうこうしているうちに、食券に書かれた番号で呼び出されました。色んな場所で、何度経験してもこの仕組みは、なんだか配給制度のような感じで違和感があります。笑

どうでしょうか。こちらが500円の肉わかめうどんでございます。千切りの茹でキャベツが添えられ、恐らく馬のものであろう肉、わかめが乗っております。揚げ玉は、商品受け渡しカウンターにあるセルフサービスのケースから、貧乏精神丸出しで山盛りに乗っけてみました。



女性には「若い・肌がきれい」と言えば、誰にだってほめ言葉になるように、うどんには「コシがある・ツルツルしている」と言えば、例えチェーン居酒屋の冷凍うどんだって格が上がるのを知っているワタクシですが、それでもこの吉田うどんを表現する言葉はこれしかありません。

「コシがあって、トゥルトゥル」


ワンコインでうまいうどんを食えて満腹になったら、さっきまで興味があった富士山レーダードームとかは、急激に興味がなくなってしまい、無料の富士の名水汲み場ですら確認することを忘れて、道の駅を後にしたワタクシでありました。


道の駅富士吉田
〒403-0005 山梨県富士吉田市新屋1936−6

富士吉田うどん カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!





検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。