富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ
2014年10月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾湿両用バキューム&ブロワ VCM-120ST 絶好調。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

乾湿両用バキューム&ブロワ VCM-120ST ポチっとな。にて購入した掃除機を車に積み込み、今週は日帰りでの別荘訪問となりました。



梱包の箱には、大きく「家庭用」とありますが、こんなに馬鹿でかい掃除機を、普通に家の中で使う主婦がいたら見てみたいと思いますが、恐らく、プロが毎日使うとすぐ壊れちゃうけど、ワタクシのような週末素人DIY職人だったら、使用頻度も低くて、気が付いたら商品の保証期間が過ぎていました、といった層をターゲットにしているのでしょう。



ホースが無くて、なんだ、連絡しないと。と思っていたら、ゴミがたまるスペースにきれいにとぐろを巻いて収納されておりました。質感は、本当にペラペラですが、価格を思えば全然いい買い物と思います。

今週の水曜日は、断熱施工の最終仕上げ、そして、いよいよ遠隔操作の家へ、PHILIPSの照明システム「hue」など。でご紹介したiPhoneのアプリで多機能に使えるLED照明器具「hue」のテスト設置をする予定でしたが、東京出発前に、ここしばらく山中湖通いが続いて手が回らなかった、自宅のトイレと風呂掃除をしてからの出発となりました。

別荘について、まず最初にVCM-120STを箱から出して、試運転してみました。断熱施工の最後の場所。和室の押し入れの壁内を、この掃除機を使ってきれいにしてみましたが、何だか、朝起きてからずっと掃除をしている、そんな一日となりました。

この掃除機は、ゴミを大量にタンクに溜めることができますので、今まで使っていた家庭用のパナソニック掃除機と違い、ワタクシの使用頻度では、ゴミ捨ては数か月に一回でも大丈夫かも知れません。






Amazonと楽天市場 カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

スポンサーサイト

あっという間の、夏から秋、そして冬へ。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

思えば、ここ4か月ほどは、週に一度必ず山中湖を訪れているワタクシですが、湖周辺は、すでに秋から冬へと景色が変わりつつあります。

DSCN5788.jpg

夏休み期間中にも毎週、湖畔は車で通っておりましたが、本当に賑やかさを感じたのは、お盆期間の一瞬で、湖畔の無料駐車場には他府県ナンバーの車が多く駐車されておりました。一年を通してみれば、本当に一瞬だけ人で溢れる山中湖ですが、9月には肌寒い日が訪れ、10月も終わりに差し掛かった最近は、湖畔の人影もまばらで、水面に写った低い雲が、すでに冬の到来さえ感じさせております。

ワタクシ個人的には、夏の湖畔に集まる女学生を眺めるのも大好きですが、この日の写真のように、流れる雲を眺めながら、セブンイレブンの100円コーヒーを飲み、直後に便意を催してお店に逆戻りする、そんな風景もまた、人間らしくて最高に愛おしい瞬間でもあると思います。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

全ての断熱工事、ほぼ終了。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

トイレの断熱施工、完了。に続き、先週は真壁の和室の断熱もほぼ終わりました。これで、すべての外壁に面した部分の断熱施工が、ほぼ終了したことになります。

DSCN5563.jpg

構造材である柱が、壁を仕上げた後でも見える真壁の和室ですので、壁内の厚みがない分、断熱材を選択するのに少し迷いました。主に床の断熱に使用したポリスチレンフォーム保温板ですが、厚さが30ミリのものを使用しましたので、一部、端材を使用したのが写真にも写っておりますが、ちゃんとした一枚ものを、切り刻んで壁の中に充填していくことも可能でした。でも、結局、もしかするとそっちのほうがコストと断熱性能は良かったのかもしれませんが、この和室の壁の中も、気持ちの悪い虫代表のベンジョコオロギが大量に生息していましたので、その黒いクソごと、まとめて発泡ウレタンスプレーにて埋めてしまうことにしました。

DSCN5561.jpg

このスプレーは、発泡具合がその日の温度や湿度で左右されるという、パン職人がイースト菌の配合を天気予報を見て変えるような、そんな感じの、まさに職人の腕が必要です。

ちなみに、写真でもありますが、ワタクシはしょせん、素人ウレタン職人ですので、壁の仕上がりラインからはみ出てしまった部分は、あとからカッターで削り取っていきました。(尚、削りとり作業は、クロス職人の息子である、いとこがやってくれました。)

DSCN5560.jpg

そして、すごく気になっていた押し入れの外壁部分も思い切って壊しました。すると、他の部分同様に、木部には黒い斑点状のベンジョコオロギのクソと、枯葉やビニールの破片が積もってできている、野ネズミのものと思われる動物の巣が出てきました。

床に使ってきた断熱材が、ワタクシのベット用の一枚以外、もう無くなってしまい、ちょっと密度が落ちますが、カインズホームにて購入してきたポリスチレンフォーム保温板をいとこに詰めてもらい、来週のウレタン吹き付け作業にて、大きな断熱欠損部分がなくなることになります。

本格的な冬を前にして、ギリギリ断熱施工が完了いたします。

内装DIY カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

乾湿両用バキューム&ブロワ VCM-120ST ポチっとな。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

オールスター助っ人職人さんによる工事期間中は、プロ用の掃除機が現場にありましたので、毎日の作業終了時の掃除はもちろん、ついに開始、室内の解体作業。その10にあったような、得体の知れない木屑のような、虫のフンのような、壁の中で積もった物体なども、きれいに吸いとることが出来ました。

ひとりになった今、別荘には自宅で使っていたパナソニックの家庭用掃除機しかありません。家庭用ですので、細かな塵やホコリを吸う以上の仕事はできないのですが、何とかなるだろうと、使ってはフィルターを詰らせていたワタクシでした。

今後も、ホコリが出る作業はかなり多いので、どうせ買うなら早い段階から買って、使い倒した方が得だろうということで、早速ネットにて検索です。



久々に、Amazonで工具類を購入しますが、世界の工場、メードインチャイナのいい商品を見つけました。用途欄には、●ほこりや木クズなどの吸込み・吹き飛ばしに ●こぼした水などの吸込みに とありますので、素人がDIY現場で使うには十分な機能を持っていると思いました。

しかも、Amazonでは、11月3日(月)23時59分(日本時間)まで、2014年秋の生活応援セールをやっていて、この商品は表示価格より更に10%OFFで購入できました。購入履歴には、¥ 4,981と表示されております。



使ってみた感想は、またこちらのブログにてご紹介したいと思います。

Amazonと楽天市場 カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

トイレの断熱施工、完了。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

ベンジョコオロギのたむろする上に生まれた、快適空間。結構あるじゃん、隙間と断熱欠損。にて、建物内でも重点的に隙間埋め&断熱施工が施されたトイレですが、いよいよ、壁下地を貼る為にその作業も仕上げにかかります。

結構あるじゃん、隙間と断熱欠損。にて吹きまくったウレタンスプレー。ゆくゆくはトイレの天井裏に隠れる空間ですが、外壁部分に関しては、平均しても厚さ約10センチほどのウレタンが吹かれております。(写真上部)

DSCN5551.jpg

外壁に面する部分でも、壁内の現況がスッキリとしていて、グラスウールによる施工がやり易い場所は、外壁に吹きつける雨による浸水を、ウレタンと気密テープを使って止めてから、断熱施工に対するコストが安いことからも、他の部位同様にグラスウールを充填していきました。

DSCN5554.jpg

こんな感じに、ガラス繊維が入ったグラスウールの製品が、すっぽりと柱の間にハマっていきます。

DSCN5555.jpg

何だか、トイレのこの場所をやるころには、内断熱職人と化していたワタクシです。写真を見る限り、下手な建売現場の断熱施工よりも、しっかりと仕事をしております。

DSCN5557.jpg

おまけで、ウレタンスプレーによる断熱施工が施された部分にも防湿シートを貼っていきました。この部分に関しては、防湿シートは不要と思われますが、万が一、壁内に侵入した虫がいた際のバリアとして、活躍していただきたいと思います。

シート全体は、強力な気密テープにて固定されています。この後で、各所に壁下地である石膏ボードや、合板が貼られていくことになります、

グラスウールの断熱材は、壁に石膏ボードを貼る前に、居室内で発生した湿気が壁内に入って、グラスウールの断熱材の中で結露など、悪さをすることを防ぐために、防湿シートを写真のように貼っていきます。今回はそれ以外にも、アリなどの虫達の建物室内への侵入を防ぐ目的も大きかったです。

DSCN5559.jpg

内装DIY カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

Netatmo ウェザーステーションで、仕事の結果を一部知る。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

遠隔操作の家へ、今度は室内外の温度、湿度等をモニタリング。東京の自宅から、別荘室内と庭先の気象データを見る。にて、実際に使用し始めてみたNetatmo ウェザーステーションですが、昨日、別荘を離れてからの温度変化を見ると、結構驚きの結果を示しております。

創業22年のApple専門店 kitcut (キットカット)★6500円以上送料無料★空気や温度をモニタリング...

この商品は、こちらのブログでも何度かご紹介をしておりますが、インターネットを介して、世界中のどこからでも、機器をWi-Fiで設置した場所(室内と、室外の2か所で、追加も可能。)の様々な気象観測データや騒音データを、スマホやタブレット、PCを通じて分かりやすくグラフにして見ることができます。

昨日は、不動産屋の休日である水曜日、朝から結構な雨でしたので、作業もほどほどに別荘を16時頃には出発しましたが、その時点での室内の気温は17度程でした。カセットコンロ式のストーブで暖を取りながらDIY作業をしたものの、基本は窓を開けての作業でしたが、実は、別荘を出発した後で室温は上昇し、ストーブが無くても今日の朝の時点でも15度位の室温を保っておりました。



別荘が無人になってから、一日以上たった先ほどの状況です。室内は、遠隔操作で起動中のPC以外で、それといった熱源はありませんが、画面上部に表示された周辺地域の気温よりも高いですし、湿度に関しても、いい状態を保っております。

実は、火曜日の夜に泊まった際、カセット式のガスストーブをつけたまま寝たのですが、夜中にCO2濃度が1000ppmを超えたという、プッシュ通知が届きました。1000ppmは、室内の空気中のCO2、二酸化炭素濃度が0.1%を超えたという意味ですが、この数字は、建築物における衛生的環境の確保に関する法律( ビル管理法)では、オフィス等のCO2濃度について1000ppm以下にしなさいという基準にもなっている数値らしいです。カセット式の簡易的なガスストーブですので、数時間でガスも空になることもあり、あまり空気汚染のことは考えませんでしたが、このアラートは、今までにワタクシがシコシコとやってきた建物の隙間埋め作業で、完成から約半世紀を経た超低気密住宅が、少しは気密性能をもった建物に生まれ変わった証拠でもあると思いますので、換気を喚起するプッシュ通知を受けて、夜中に寝袋の中で感極まって小さく歓喜した、そんな夜になりました。(おあとがよろしいようで)

インターネット カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

結構あるじゃん、隙間と断熱欠損。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

いよいよ、最初のひとりぽっちのDIY作業であった、建物の隙間埋め&断熱施工が大詰めを迎えました。

一応、この時点で把握していたのは、オールスター助っ人職人さんのトップ、現場をみんなの大先輩としてまとめてくれた棟梁へ、最後にお願いした和室の掘りごたつが断熱施工の最後と思っておりました。しかし、あれだけ注意深く作業を進めたけど、多分、他の部分に気を取られているうちに、ワタクシの目が届かなかったと思われる未施工部分が、ひとりになるといくつか出てきました。

DSCN5545.jpg

こちらは、トイレの天井部分です。外壁に面した壁には、おなじみの発泡ウレタンスプレーによる、外壁材のつなぎ目の隙間埋めが施されておりますが、その上部、ウレタンが届かない部分に押出法ポリスチレンフォーム保温板「スタイロエース」の、捨てられるはずだった端材を詰め込んでいると、さらに、その上部、天井裏とロフト床の間の外壁が、全くの手つかずになっていることを発見いたしました。

DSCN5547.jpg

早速、せっかく電気屋さんが今後設置されるダウンライトの穴を開けた天井ですが、久々の解体作業を実施です。電気屋さんのあけた穴からノコを入れ、簡単に天井に貼られていた合板が外れました。

DSCN5548.jpg

写真でも分かりますが、例の黒い点々、気持ち悪い虫代表のベンジョコオロギのクソが、木の構造材に点々とこびりついております。

DSCN5549.jpg

今回、この部分は風で吹き付けた雨によると思われる雨による水染みが、室内の壁が取り払われて、目視できるようになった外壁の裏側で確認できたこと、また、壁の解体時にスズメバチの巣やベンジョコオロギが大量にあふれ出てきたこともあり、グラスウールではなく、吹き付けができるタイプのウレタンスプレーを使用して、隙間ごと埋めてしまいました。

DSCN5550.jpg

何だか、マシュマロマンのような、ミシュランタイヤのような、ムクムクと太ったウレタンが、建物でも一番富士山麓の大自然に浸食されていたトイレを、科学の力で守ってくれております。

この後で、端材だったポリスチレンフォーム保温板を埋め込むように、さらにウレタンを充填し、トイレが、週末の別荘生活のゆっくりとした時間の中、普段読まないコミック本をゆっくりと読めるような安息の空間へとなるように、解体時の処理が困難なウレタンを使いまくってしまったワタクシでありました。

内装DIY カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

IKEAにて購入した商品を、フライングセット♪

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

北欧デザインとは何ぞや?IKEA訪問の記事にて、立川にオープンしたIKEAを訪問してきたワタクシですが、あの日以降、実は仕事帰りにちょくちょく通っては、別荘用の小物を揃えております。

オールスター助っ人による、建物の解体作業が終わりましたが、予定よりも費用がかかりましたので、以降の買い物はいかに安くて、格好のいい、自宅ではなく別荘風のインテリアに仕上げるか。というのがテーマになりましたが、100円ショップ同様に、IKEAでは歩き回っていると素敵な格安小物を見つけることも多く、また、メンバー向けのキャンペーンも利用すると、中国製の北欧デザイン製品で、お財布の出費を効率的に抑えることが出来ます。

IMG_3916.jpg

HOLMÖ フロアランプ ¥ 999 (商品番号: 501.841.72)
電球は、先月やっていたLEDランプ99円セールの時にフライングゲットしたものを使いましたので、1,000円ちょっとでムードある照明器具が設置できました。

DSCN5808.jpg

BRUDDANS 断熱ブラインド 
こちらは、紙でできたブラインドなのですが、蜂の巣のようなハニカム構造になっていて、断熱効果が期待できるようです。今回は、幅120センチ長さ155センチのものを3つ購入、1本3千円位でした。ワタクシは、まだ壁も仕上がっていないのに、いつもの悪い癖、この日もいつもの我慢できない症候群(ガマンデキナイシンドローム)を発症してしまい、どんな感じかと、仮ですが取り付けてしまいました。

この別荘の窓は、木製枠にシングルガラスという、昭和レトロ仕様ですので、特に冬にはその断熱効果を期待してしまいますが、あまりに効果がある場合は、ガラスの結露がひどくなりそうかな、とも予想しております。まぁ、寒いより、良しとしよう。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

Tile Lifeさんで、格安ワンコインタイルゲット。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

今年の夏休み前後で、株式会社サンワカンパニーさんのショールーム訪問。渋谷にある無垢フローリングドットコムさん、東京ショールーム訪問。株式会社エム・ケークリエーションさんのショールーム訪問。府中市にある、日本ケイソウ土建材株式会社さん訪問。で、色々な住宅建材メーカーのショールーム見学をしてきたワタクシですが、いよいよ来週の水曜日にはサンワカンパニーさんのキッチンが搬入予定だったりと、当時ショールームで見てきた商品が、別荘へと揃い始めます。

そんな中、先日はネットにてアウトレットタイルを格安で販売するサイトを見つけ、早速、シャワーブースを設置予定の部屋とトイレの床用に、ワンコインタイルと呼ばれる商品を注文してみました。

タイルライフ アウトレットタイル販売(通販)サイト

Googleにて、「格安タイル」と検索しますと、すぐに見つかるこのサイトですが、なんでもタイルメーカーが名前を出さずに、ひっそりと在庫処分を出来るページとして、活用されているとのことです。アクセスすると左側のメニュー上部に、一番目立つ形でリンクがある「ワンコインタイル」を注文してみました。

tile1.jpg

ちょっと、商品到着から1週間後の写真で、台風を経ていますので梱包がみじめになっておりますが、注文したのは「床タイル 300角平 ベージュ系」(アウトレットで、メーカー等は注文時には不明)を合計8ケースで、税込み540円×8 = 4,320円 となりました。標準価格は1ケース10,584円(税込)とありますので、定価の95%OFFということになります。

実は、送料のほうが高くて、 商品の重さと運送距離にてウェブページで注文直前に自動見積もりもされる送料は、6,091円 (税込)となりましたので、注文確認のメールには、決済合計金額 : \ 10,111 (税込)となりました。東京の自宅へ届けるよりも、山中湖の別荘に直送のほうが送料が安かったので、現場着にて発注です。

tile2.jpg

一枚目の写真で、8梱包あるうちの一つを、我慢できないワタクシの性格上、実際にシャワーブースが設置される洗面室の床に広げてみました。

なんとも、これで540円。送料を入れても1,000円ちょっとで、これだけのタイルがゲットできました。本来なら、その色艶具合は店頭で実際に見て決めたいところですが、ワタクシはあまり細かいこだわりがないのと、20時頃のスーパーで高級マグロを半額でゲットできた喜びのように、格安で手に入れた商品が、どんだけいい感じにDIYで際立つのか。また、成功した時の脳内から分泌されるアドレナリンによる陶酔のほうが、何倍も楽しいと思っております。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

東京の自宅から、別荘室内と庭先の気象データを見る。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

遠隔操作の家へ、今度は室内外の温度、湿度等をモニタリング。にてご紹介した気象測定機器。設置された、秘密の小窓。では、その観測機器用の設置予定場所も決まり、ついに、先日購入した機器を山中湖の別荘に設置してまいりました。



簡単に言うと、この商品【Netatmo ウェザーステーション】は、設置場所にWiFiの環境があれば、本体と付属する屋外用のモジュールを無線でつなぎ、世界中どこからでもインターネットを経由して観測地の気温や湿度などのデータをリアルタイムで見ることができてしまいます。

Netatmo ウェザーステーションは、屋内外用2つのモジュールで気温や湿度、CO2濃度などから屋内外の空気質を評価して日々の健康管理に役立てることができるアプリケーション連動型ウェザーステーションです。観測データには、iPhoneやスマートフォンのアプリのほか、PCのブラウザからも簡単にアクセスできます。

屋内用・屋外用の2つのモジュールがアプリで連動
Netatmo ウェザーステーションには、屋内・屋外設置用のモジュールがそれぞれ付属します。モジュールの表面には高品質な一塊のアルミニウムから削り出された耐紫外線素材を採用しているため、耐久性も高く屋外にも安心して設置できます。各モジュールを自宅などのWi-Fiネットワークに接続することで気温やCO2濃度などの空気質を継続的に測定し、iPhoneやAndroidスマートフォンの専用アプリケーションのほか、パソコンのブラウザからもモニタリングすることが可能です。

屋内では室温や湿度、CO2濃度などで空気質を評価
Netatmo ウェザーステーションは、高性能なセンサーにより屋内外の空気質を評価します。屋内モジュールは、室温、湿度、気圧のほかにCO2濃度や騒音性を測定することで屋内の空気質を評価して、健康管理の基準として役立てることができます。

屋外では、気温、体感温度および湿度などで空気質を評価
屋外モジュールは、気温、体感温度および湿度などを測定して空気質を評価します。アプリケーションでは紫外線量や日照時間を含めた1週間の詳細な天気予報も参照できるので、屋外環境が小さなお子様との外出やジョギングなどの運動に適しているかなど、生活の様々な基準として参考にすることができます。

iPhoneやスマートフォンでリアルタイムの空気質アラートを受信
Netatmo ウェザーステーションの屋内用モジュールのトップ部分にはタッチセンサーが採用されており、触れるだけでモジュールに搭載されたLEDランプがリアルタイムの空気質を3段階の色で評価します。また、同時にiPhoneやスマートフォンにプッシュ通知を送ることも可能です。アプリケーションから設定することで、CO2濃度が健康に良くない数値に達した場合はiPhoneやスマートフォンにプッシュ通知して、適切なタイミングでの部屋の換気の目安とすることができます。

PCやiPhoneなどから空気や温度をモニタリングできる、アプリ連動型ウェザーステーション。PCやiPhoneなどから空気や温度をモニタリングできる、アプリ連動型ウェザーステーション。【特長】・気温や湿度、CO2濃度などから屋内外の空気質を評価して日々の健康管理に 役立てることができるアプリケーション連動型ウェザーステーションです。・測定した気象データには、iPhoneやスマートフォンのアプリのほか、 PCのブラウザからも簡単にアクセスできます。

実際に、東京からiPhone、iPad miniと、ウェブブラウザからそれぞれ設置した機器にアクセスしてみました。

netatmoiphone.png

こちらはiPhoneからのアクセス画面です。さすがに画面サイズが小さいですので、情報量が限られていますが、iPhone本体を横向きにすると、折れ線グラフのデータも表示が可能です。

netatmoipad.jpg

iPad miniからのアクセスです。このサイズになると、表示される情報量が格段に増えます。本体を横向きにしなくても、画面右上の表示切り替えをタップすると、iPhone同様に折れ線グラフでのデータ表示も可能でした。

netatmopc.jpg

こちらはパソコンからウェブブラウザを通してのアクセス画面です。さすがに一目でわかる情報量がすごいです。右端のほうには、室内に設置したモジュールの電波状況、室外に設置したモジュールの電池残量なども確認することができます。

この機器のすごいところは、自宅から離れた別荘のように、普段は閉めっきりになっている場所で、普段わざわざ行くことのない、例えば台風が来た時の別荘の室内の温度や湿度を知ることができますし、中には冬の期間は全く別荘を訪問しない方でも、雪の積もった冬の日に、室内がどれだけの湿度なのかを、インターネットを経由して世界中のどこからでも知ることができるところです。今後ご紹介する、遠隔の照明システムhue(遠隔操作の家へ、PHILIPSの照明システム「hue」など。参照)などと合わせ、週末だけ、夏だけの別荘が、もっと身近に感じられる素晴らしい商品と思います。

下にある動画では、赤ちゃんのいる室内の二酸化炭素濃度が高くなり、家事をしているママのスマホにプッシュ通知が届き、寝室の窓を開けにいくというシーンが登場します。ワタクシはアラフォーの独身ですが、愛猫がおりますので、自宅にもこの機器があれば、特に夏の暑い時期に、留守中でも彼が留守番をする室内のデータを確認できるという、愛犬家、愛猫家にもたまらない商品になっております。



netatmo ウェザーステーション(公式ウェブサイト)



全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。