富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ
2015年04月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルドフラワー、ワイルドに開花へ。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

お花畑新設の為に、自然破壊。にて先週の水曜日に蒔いたワイルドフラワーの種。約1週間ぶりに、まだ生えていないだろうと水やりの為に近付きますと、ビックリ、緑色の若々しい双葉が所狭しと顔を出しているではないですか。



GWも晴天が続くようで、自動水やりシステムがまだ構築されていない現地ですので、一刻も早くシステムを構築せねばと思ったワタクシでございます。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

スポンサーサイト

朝帰りの前に、早起きの特権。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

昨日は、撒いた芝生の様子が気になって、休みでもないのに富士を弾丸訪問をしたワタクシですが、朝は5時に起きて再び水撒きをして、早々に別荘を引き上げてまいりました。

朝ごはんに何を食べようかと、そんなことを考えながら山中湖を通過しますと、何とも、日中は見ることができない美しい風景が広がっておりました。



朝靄に桜。東京よりも寒い湖周辺では、まだ桜を楽しむことができます。



周辺では外国からの観光客を多く見かけますが、皆さんワイワイと楽しそうにしていて、この美しい風景に気が付いてくれているのかと、そんなことをいつも思っておりましたが、ポツリポツリと湖にカメラを向けている外国からのお客さんも見かけ、なんだかホッコりとした気分になった朝となりました。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

心配になって、弾丸訪問。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

遠く離れた東京の自宅や、外出先のスマホからでも別荘の様子を確認できて大活躍の中華IPカメラですが、いっきに暖かくなったここ数日、映像を確認しますと、先週の水曜日に蒔いた芝生の種が心配なくらいに晴れの日が続いております。



27日(月)のお昼の様子です。土曜日の夕方に雨が降ったのを確認しておりますが、昨日と今日でかなり日が当っているようです。



カメラを遠隔で操作し、玄関前の様子を見てみますと、4月中はずっと湿っぽかった土が、乾いているのが確認できました。自動水やりシステムは、既存給水管が鉄製ということで、簡単に分岐が出来ずちょっと導入に時間がかかっているのですが、システム完成にはもうしばらくかかりそうです。

そうとなれば、弾丸訪問しかないでしょう。



写真は先ほど、4月27日の22:30頃の様子です。車のライトを使って芝生化計画地を照らし、ホースで水をまきました。未導入の自動水撒きシステムの機材は揃っていますが、全部で2万円位の予算で揃いました。今回の訪問は、高速代とガス代で6千円ほどかかっております。なんとも効率の悪い水撒きですが、まぁ、たまにはこんな苦労もいいでしょう。

iPhoneのLEDライトで、暗い中で先週植えたラベンダーも確認しましたが、なんとも無事に育っているではないですか。こちらの土は、適度に湿り気があり、苗も順調に育っているようです。

今日は、このまま別荘で寝て、早朝には東京へ帰り仕事をします。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

お花畑新設の為に、自然破壊。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

発泡酒と、ラベンダー坂。にて、ラベンダーの植え付けを行ったワタクシ。引き続き、ワイルドだぜぇ、ワイルドフラワー。で購入した、ワイルドフラワーの種を蒔いていきます。



そのまま、何もしないでワイルドに種を蒔くことも脳裏をよぎりましたが、せっかくなので培養土を入れてちゃんとした生育を目指します。その為にシャベルで庭の一部を掘り起こします。



玄関前の芝生化計画地もそうでしたが、別荘周辺の土地はその表面に落ち葉が積もって形成された腐葉土の層、その下には木々の根っこが張りめぐった黒い土(国ボク土)の層があります。ワイルドフラワー畑新設予定地は三角形にしたのですが、周囲をクワとシャベルを使って掘り起こし、写真のように表面に生えた雑草と地中に張りめぐった根っこごと、ロールのようにして巻きとっていきました。

親指の太さほどの根っこは、クワでスパっと切りますが、きれいな花を見たいが為に、昔から生えている木々を傷めるという、なんとも人間はいつも矛盾した生き物なものだ、と感じました。



有機石灰をまいて、おそらく弱酸性であろう土を中和します。そのあとで、富士吉田のカインズホームで購入した、40kgというでっかい生産者用の培養土を入れていきました。



でっかい培養土でしたが、たったこれだけの場所に入れるので一袋使ってしまいました。



ワイルドフラワーとは、色々な種類の花の種が入っているのですが、写真のように虫の幼虫のような姿をした種もあって、なんだか気持ち悪い見た目でした。笑

あったかいごはんに、ふりかけを振るように種を蒔いた後で簡単に土を混ぜて終了です。はたして、どのような結果になるのでしょうか。楽しみです。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

発泡酒と、ラベンダー坂。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

訪問が楽しくなるような、そんな玄関を夢見て。にて、玄関前の駐車スペースの芝生化の一歩を踏み出したワタクシですが、もちろん、貴重な休みの時間を使っておりますので、時間の経過を惜しんでの作業をしているのですが、やっぱり息抜きも必要です。まして、休みの日に、もはや半ば仕事のようにDIY作業をこなしているわけですから、お昼休憩には大好きなアレをいっちゃいました。



極ZERO最高。

プリン体や糖質が文字通りゼロですので、一本飲んだくらいでは、お昼の飲酒特有のだるさを全く感じません。この日のように、気持ちよく晴れた日の昼下がりには、陽の当たる庭で、自分の仕事の結果を見ながらゆっくりと一杯やるのは至福のひと時でございます。



休憩後にはフランス原産、ラベンダー嬢様到着。にて購入したラベンダーを植えていきました。玄関前の芝生化計画には、シャベルやクワをフル回転で使いますので、アラフォーオヤジにはとってもきつい作業となります。ですので、自分なりのペース配分で、息が上がったらこうやってじっくりとできる作業を合間でするのも、もうすぐ40年になる人生で覚えてきたワザであります。



こちらは河口湖インター近くの100円ショップで購入したグッツです。別荘の周辺では、鹿等の野生生物を多く見かけますので、念のため彼らの好奇心で掘り起こされないようにと、苗の周辺をこちらの商品でガードいたします。



こんな感じになりました。苗の周辺に置かれた石は、色々と読んだラベンダーの本で、水はけがポイントになるらしいという知識のもと、傾斜地に周囲よりも高く植えた苗とその周囲の培養土が流れ出さないように設置いたしました。

ラベンダーは「グロッソ」という種類で、最大で1mまで大きくなるらしいです。ですので、10本植えた苗の間隔は、約1mあいております。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

訪問が楽しくなるような、そんな玄関を夢見て。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

時は来た、南側の芝生計画地完成。(1/2)時は来た、南側の芝生計画地完成。(2/2)にて完成した芝生化計画地の造成作業。楽天スーパーセールで購入してあった「となりの芝生」になっていただきます。ゴルフ場のプロが愛用する最高級品質の寒地型芝。【レ...の種を蒔いていきます。前回、建物西側のスロープ部分にフライングで蒔いた時には、床土の上にパラパラと蒔いて、そのまま不織布シートでカバーして帰宅してしまいましたが、どうやらアメリカン熊手(米国式レーキ)などで、床土に馴染ませたほうが良いと勉強しましたので、今回はしっかりと施工をしました。

で、その代わりに、種をまいた時の写真を撮るのを忘れました。笑





養生に使用した不織布シートは、ダイソーで購入した100円ショップグッツです。後で気がつきましたが、ホームセンターでも量り売りをしているところが多いようで、そちらのほうが安いようです。ただ、ダイソーの商品はちょうど良いサイズにパックされておりますので、保管にも便利です。



なんとも、シートはぴったりと現地のサイズに合いました。芝生化計画予定地の建物からの幅は、約3.6m程と、この時初めて知りました。笑

よく見ると、床土に馴染んだ種が写っていました。



合計3枚の不織布シートを使用しました。すだれが置いてありますが、この部分は屋根の切れ目の真下にくる部分で、雨どいの無い建物屋根から落ちた雨水が、施工した床土を削ることを防ぎます。芝生の生育が進めば、この部分に開いてしまう穴も防げそうなものですが、まぁ、たぶん将来的にはここだけポイントで石や枕木を置いたりすることになるでしょう。

かなり暖かい天気が続きますので、2週間後には西側同様に、禿げオヤジの育毛剤で生えたの産毛のような緑の芽が生えてくるでしょう。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

時は来た、南側の芝生計画地完成。(2/2)

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

時は来た、南側の芝生計画地完成。(1/2)に引き続き、建物南側の駐車スペースの芝生化計画地帯です。



富士吉田のカインズホームで買った一袋278円の砂で高さ調整をしていきます。結局、合計で9体の砂を使用しました。





いよいよ、芝生の床土を施工していきます。こちらは、富士吉田のケーヨーD2で3体で1,000円の商品です。気が付くと、結構お金をかけていますが、これまでの人生、こういう後でやり直しがきかない部分でケチると、最後で後悔するということを痛いほど学んでおります。伊達に、アラフォー独身サラリーマンではありません。



内装工事で出たゴミとして、捨てる予定だったコンパネを引っ張り出して、さらに不陸を調整していきました。



じゃーん。

水道やガスの検針で人が入らないように、白いビニル紐で芝生化計画予定地を囲いますと、何だか、神聖な雰囲気すら醸し出しております。



反対側から見ますと、なにやら相撲の土俵のような雰囲気を感じます。

次回は、種まきの様子です。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

時は来た、南側の芝生計画地完成。(1/2)

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

4月頭に植えた芝生の種が発芽しているのを見て、かなり興奮したワタクシですが、いよいよメインの建物南側の芝生化計画地の仕上げが完成に向かっております。

全体の高さ、排水も考慮して調整が完了して、写真では分かりにくいのですがいったん全てシャベルで掘り起こしました。この作業で、前のオーナーさんが敷いた砕石も全て撤去を確認致しました。



正式名称、国ボク土。にて判明した別荘周辺の土壌。さらに調べますと、芝生の生育に適するのは弱酸性、(ただし、アルカリ性のほうが生育が良いという話もあるらしいです。)ラベンダー類が好むのは弱アルカリ性、そしてこの国ボク土は弱酸性とのことでした。



実は、この作業をしていた時は上記の知識がごっちゃになってしまい、弱酸性ならそのまま芝生の生育に問題がなさそうなところ、補正の為に有機石灰を撒いてしまいました。まぁ、撒いているときは、なんだかガーデニングに詳しい人みたいな自己陶酔に浸ってしまい、達成感があったので良しとしましょう。笑



こんな感じに、なんだか土に活力が入っていくかのように、錯覚をおこします。笑



芝の床土を施工する前に、富士吉田のカインズホームで購入した1袋278円の砂をまいて、高さ調整と水はけ対策としました。施工の前に、元現場監督のワタクシとしては、工事記録の意味も含めて袋に入った砂ごと写真を撮ります。

次回に続く。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

生えました、芝生。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

我慢できずに、種をまく。にて、建物西側に芝生の種をまいたのが4月の頭。その後季節外れの雪に、芝生の種は・・・にて、一旦は雪にも埋もれた芝生ですが、先週も発芽は確認できず、いよいよリセットして再スタートと考えておりました。



育毛剤で蘇ったオヤジの禿げ頭に生えた産毛のような発芽が確認できるではないですか。

ただ、発芽までに時間がかかったことで種が雨に流されたりしたらしく、発芽はかなりムラがありました。

ようやく暖かい日が続くようになった今、まずは訪問が楽しくなるように建物周辺の見栄えを良くして、内装DIYに取り掛かりたいと思います。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

正式名称、国ボク土。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

ここ数週間、毎日別荘周辺の土を掘っては運んでいるワタクシですが、どうもその土が、東京で見るような土と違っていて、表面に積もった腐葉土を取り除くと、ポロポロとした黒い土が出てくるのですが、見た目はすごく水はけがよさそうなのに、いつみても湿っているという、特殊な土に疑問を持ち始めておりました。

Googleで「富士山 土壌」などと検索をしていくうちに、どうもこの土は、火山地帯特有の土であることがわかってきました。




玄関前の、腐葉土部分を取り除いたあとの地面です。ご覧のようにまっ黒な、ツブツブの土なのですが、晴れの日も表面が乾くことがなく、いつも湿っています。ただし、建物下の基礎部分はさすがに乾いていて、そちらは赤玉土のようになっております。

黒ボク土
黒ボク土は、主として火山灰を母材とし、良好な排水条件における母材の風化と平行して有機物が集積したことによる黒い表層をもつ土壌である。黒ボク土は、保水性や透水性が良く、ち密度(土の硬さ)が低く、耕起が容易であることから他の土壌に比べて物理性は良好である。土壌の化学性に関しては、概して、活性アルミニウムを多量に含むことから土壌の有機物含量は高くなるものの、植物養分として重要なリン酸の吸着力も高い傾向にある。
黒ボク土は普通畑として広く利用されており、わが国の普通畑の約40%は黒ボク土が分布している。しかし、世界的には黒ボク土は稀少であり、その分布は全陸域の1%未満にすぎない。
引用 - 農業環境技術研究所・土壌情報閲覧システム 黒ボク土

どうやら、ワタクシの別荘周辺は、この国ボク土という、なんだか可愛い名前の土が堆積しているようです。見た目どおりに、水はけの良さと保水性を両立している何だか不思議な土で、しかも海外ではあまり見られない土でもあるようです。

今後、ラベンダーと芝生を建物周辺に施工していきたいワタクシですが、この土の特性をよく理解してから施工をしないと、残念な結果になりかねませんので、やっぱり、勉強することは大事だと知った昨晩でした。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。