富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ
2015年05月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動水やりシステムに、チューブタイプ追加。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

ついに始動、自動水やりシステム。にて動き始めた別荘の芝生化計画。順調に芝生が成長し、地面を緑に包み始めておりますが、芝生を苦労して育てるうちに、今まで全く興味の無かったガーデニングに目覚めてしまいました。

構築いたしました自動水やりシステムには、まだ経路に余裕がありますので、芝生のほかにも鉢植えや地面に植えた草花にも水をタイマーにて自動供給することが可能です。


【在庫品】1~8ヶ所同時にかんたん水やり【エントリーで店内全品ポイント5倍】タカギ かんたん...
タカギ かんたん水やりセット G240


色々と検索しますと、何だか手頃な価格で、理想通りの動きをしてくれそうな商品を見つけました。早速購入し、先日完成したシステムに追加する形で設置をしてみます。



箱を開けますと、25M分の黒いチューブと、分岐に使う部材、水の出口(ソフトスプリンクラー)が8本入っております。



何だかカチッとシステムに追加できる感覚は、すごく気持ちいいです。この便利な分岐アダプターは、経路ごとの水量を調節できますので、非常に便利です。


セフティー3 ワンタッチ 蛇口 ホース分岐コネクター 5方向



富士吉田のカインズホームにて、5つで1,000円(税込)で購入したペチュニアです。別荘に運んで気がつきましたが、まだプランターを持っていませんでしたので、ずいぶん前に100円ショップで購入した鉢と、バケツに仮設で入れる羽目になりました。どうも、思い立つと我慢が出来ない性格が、いつものように作業の妨げになっております。笑



通水しますと、こんな感じで水がプシューっと勢いよく出てまいります。この部分を回すことによって、水の出る量を調整することもできます。



自動水やりシステムの心臓部から見ますと、何だかホースやらチューブやらがごちゃごちゃしておりますので、これをどうやって隠していくかが、今後の課題となりました。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

スポンサーサイト

玄関前を改装して、気持ちよくドアを開ける。(その2)

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

玄関前を改装して、気持ちよくドアを開ける。(その1)に引き続き、自分自身もそうですが、お客様を迎えるには貧租で陰気な現在の玄関前のスペースを、下手すればそこで昼寝が出来るくらいのデッキへと生まれ変わらせるDIYに取り掛かります。



こちらはフクビ化学工業という会社の「プラモクレン」という商品です。土台を支える束(つか)なのですが、素人のワタクシの打った不陸土間コンクリートでも、本体をクルクルと回すことによって土台や根太施工の高さ調節が出来る優れモノです。本当は、湿気の多いこの場所で合板を使ったこの商品は使いたくないのですが、床板施工の前には合板部分は塗装を施す予定です。



一旦、イメージをつかむために全体に配置をしてみます。バカ棒と呼ばれる、まぁ、ただの棒ですが、ねじれの無いまっすぐな棒をプラモクレンに乗せて、その状態で水平器を使って全体の高さを揃えていきます。



土間コンクリートへの接着は、根太ボンドを使います。なぜ、根太ボンドなのかは知りませんが、いつも現場で大工さんが使っていたので、コンクリートボンドなんかより良いのかなぁと思っておりますが、真相は不明です。笑



一個ずつ、水平を見ていきます。バカ棒で全体の高さをみて、さらに個別にレベルを見ていますので、根太ボンドが固まった後はプラモクレンを回転させて最終的に微妙な高さ調整をすれば、かなり正確に水平なデッキ床を作ることが可能です。



こんな感じに、プラモクレンが並びます。この上に根太を施工して、そしてデッキ材を施工していく予定です。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

雨どい設置の代わりに、地面に雨受けを設置。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

別荘周辺には多くの木々が生えている関係から、恐らくそこに落ち葉が詰まるという理由で、建物には雨どいがついておりませんでした。ですので、雨が降ると当然にその水は軒下に向かってボタボタと落ちるわけですが、周辺の土が柔らかいこともあって、こんな感じで穴になってしまいました。



ここは今年の4月に、我慢できずに、種をまく。で芝生のタネをフライングで蒔いた建物西側の斜面ですが、土を玄関前から持ってきたこともあってか、穴はかなり深くまで雨水でえぐられ、深くなっております。また、造成した当時に比べると、斜面ということもあってか、ケチって薄く施工してしまったのか、芝生の床土も、何だか流れてしまったようにも見えます。



何か良い方法はないかと思っていたところ、オールスター助っ人職人さんのひとり、水道屋さんがU字溝を使ったらいいんじゃない、とアドバイスをくれました。早速、DIY資材の揃っている富士吉田のカインズホームにて、U字溝を購入です。



斜面を下から見ますと、こんな感じになっています。ここは水道検針やガス検針の為に人が結構歩く為か、玄関前に比べて芝生の生育があまり良くありません。また、ご覧のように雨水でえぐられた部分は、すっかりと芝生が無くなってしまいましたので、見るも無惨な状況となっております。やはり、この雨水の対策をして、せっかく生えた芝生を、良い状態へと持っていきたいところです。



結構重いU字溝を運んで、クワ2号機にて削った斜面に置いていきます。ところで、クワ2号機の柄の部分ですが、土に汚れた手で握りしめている為に、段々と黒光りしてまいりました。



左側に黄色い水糸が映っておりますが、このラインを周辺の地面と同じレベルにして、あとはシコシコと溝を削ったり埋めたりで高さ調整をしていきました。



斜面上から見たところです。U字溝の中には、砂利を入れてみました。本体は土の上に置いただけですので、雨の日にうまく機能すればU字溝の下に砕石を入れたりと、長期的に安定して使えるようにしようとも思いますが、もしうまくいかなければ簡単にリセットが出来るようになっております。

結局、この日は5本のU字溝を使用して、写真の一番下に写った6本目以降は後日設置することに致しました。一日で色んなことをDIYしますので、どの作業も中途半端というのが、これまた御愛嬌といったところです。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

暑い日の到来で、禿げ土が一気に緑のカーペットに。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

ついに始動、自動水やりシステム。にてご紹介した、玄関前スペースの芝生化計画の為の自動水やりシステムですが、順調に稼働を続けております。

昨日、水曜日の訪問では1週間でグングンと育つ芝生に、驚きすら覚えるワタクシでございますが、特に、水はけ良すぎで、富士砂漠。の頃には、カラカワに乾いた地面を見て、あぁ、これは一回リセットだろうと覚悟を致しましたので、植物の生命力に感嘆致します。



ジャーン。まだムラがありますが、すでに芝生化したといっても良いくらいに、地面が緑に覆われております。今回の訪問で、今までの散水チューブを10m1本から5m2本に変更しましたので、よりムラなく水撒きをすることが可能になりました。こちらの5mチューブは400円ちょっとで購入可能で、おススメです。


藤原産業 セフティ3 自動水やり器 SAW-1


昨日は、ムラのある地面にタネを追い蒔きいたしましたので、あと2週間もすれば地面はすっかりと芝生で覆われると期待しております。現在、朝と夕方の2回、一回当たり30分の放水をこちらの機械で設定しております。



藤原産業 セフティ3 散水チューブ 5M SST-5M

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

中華IPカメラで、自動水撒きシステムの様子を確認。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

何度かこちらのブログでもご紹介しているネットワークカメラですが、東京で仕事をしている時も、現地の天気はどうだろうかと、そしてついに始動、自動水やりシステム。で運用が始まった芝生育成の為の水撒きシステムがうまく動いているか、スマホの専用アプリから確認をしております。



現地の様子をカメラを動かして確認することが出来るのですが、どうやらこの時期は木々の葉が成長して、4月の頃のようには日照時間がないことが分かります。



それでも、午前中9時頃からお昼過ぎまでは、写真のようにさんさんと太陽が芝生に降り注いでいるのが確認できます。青っぽく映っているのが、自動水やりシステムにつながった散水ホースです。実は、別荘の水道は富士山の天然水を使っているらしいのですが、給水に圧力がかかっていないか、都市部よりも弱いようで、スプリンクラーが使えないことが分かりました。ですので、針のような穴から水がプシューっと出るこの商品が最適となりました。現在は10mのものを1本だけ使っておりますが、次回訪問時にはまんべんなく散水ができるように、5mのものを2本にシステム内容を更新する予定です。朝と夕方の2回、30分間放水をする設定になっておりますが、放水後には地面が濡れているのがカメラからも確認をすることが出来ます。







なんだか、結構まばらに生えておりますので、次回訪問時にはタネを追加してみようと思います。しかし、今思えば心配になって、弾丸訪問。という、水撒きの為だけに東京から富士山へ高速を飛ばして行ったりしましたので、その頃から考えればなんて楽な管理だろうと、ほくそ笑んでしまいます。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

玄関前を改装して、気持ちよくドアを開ける。(その1)

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

玄関前の土間コンクリートですが、勾配が逆になっていて、雨が降るといつも湿った状態になってしまい、掃除をしてもすぐに泥だらけになってしまいます。天気も良くなってまいりましたので、ちょっとずつ作業を始めて、玄関部分にデッキ材を施工しようと考えつきました。

まずは、何はなくてもこの水勾配をちゃんと土側に排水するように変える必要がありますので、適当に養生をしてからモルタルを打って勾配の修正を始めます。



セメントと砂が混ざっていて、水を入れるだけでモルタルが出来上がるインスタントモルタルという商品、25Kgもある重いものを合計7体準備して、作業開始です。



写真のように既存の土間コンクリートにモルタルを流し込んでいきます。25Kgという重さの割に、一袋で作れるモルタルはバケツ2杯分ですので、苦労をして練ったモルタルですが、思ったよりも作業が進みません。



こんな感じで、勾配を現状の逆になるように調整をしていきました。一番壁側ですが、ちょっと分かりにくいのですが庭に転がっていた赤レンガを並べてあります。今回の勾配ですと、新しい床面が建物の土台部分に近すぎて、湿気で木材が痛むことが考えられましたので、このように施工致しました。



計算では、ちょうど足りるはずだったモルタルですが、端の部分で少し足りませんでした。まぁ、自分の別荘ですので、次回打ち足しをすれば平気でしょう。

この上に、プラモクレンというプラスチック製の束を置いて、根太、デッキ材を施工していく予定です。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

調理器具購入前の、あったかい朝食。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

トイレや洗面台が設置され、段々と人間の住む家になってきた別荘ですが、連休でDIY作業をした朝も、段々と本格的な朝食が作れるようになってまいりました。



まだまだサラダは千切りになったものにドレッシングをかけただけですし、ベーコンと卵も焼いただけ。という状況ではありますが、やっぱりあったかいものを食べますと、その日一日のDIY作業にもゆったりとした気持ちで取りかかることが出来ます。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

段々とグレードアップする、別荘の朝食。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

別荘には、まだキッチンが取り付けられていないのですが、DIY工事段階から簡単な調理は出来るようにと、IH式の電磁調理器を設置しております。当初は、コーヒーを入れる為にお湯を沸かす程度だったワタクシですが、料理が嫌いではありませんので、ちょっとずつ健康的なものを食べよう!ということで、自炊を始める事に致しました。

とはいっても、別荘にはまだ冷蔵庫がありませんので、食材は前日の夜に買い出しをしたものとなります。当面は、夏のBBQなども考えて、外でビールを冷やせるようにクーラーボックスを購入して、食材の買い出しにはそれをもっていき、冷蔵庫代わりにしようと思いますが、前回訪問時はベーコンを焼きました。



焼いただけ。ですが、これはワタクシにとっては大きな一歩です。なにせ、調理器具さえも満足にないなか、床に置いた電磁式調理器具での調理です。

ブログのカテゴリも「別荘料理」と作ったくらいですので、今後の調理が楽しみです。笑

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

便所コオロギのクソを、油性ペンキで封印の巻。(仕上編)

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

便所コオロギのクソを、油性ペンキで封印の巻。にて、今まで気持悪くなるべく見ないようにしていたクソまみれの木材を、油性ペンキにて封じ込める作戦に出たワタクシですが、今度は仕上げ塗りに挑みました。

fc2blog_20150508212015ca2.jpg

こちらが前回までの一度塗りが終った状態です。めんどくさがり屋のワタクシですので、二度塗りするつもりはなかったのですが、色具合がちょっと気持ち悪いので、室内の他の部分と同様に黒い塗料で二度目を塗り、クソを分子レベルで室内へと飛散させない為にも、強力なシールド形成をすることに致しました。



いかがでしょうか。読売巨人軍のヘルメットのようなつや消しブラックで仕上げました。このブツブツが、便所コオロギのクソと、知らない人が見れば全然気にならないレベルまでいったのはもちろん、真実を知るワタクシも、すっかりと張られたシールドバリアによって、気持ちよく過ごせるロフト空間を手に入れたのでありました。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

あっけなく進む、タイル貼り工事。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

Tile Lifeさんで、格安ワンコインタイルゲット。2回目にてご紹介した格安タイル。実際の質感もすごくよくて、送料込みで5,000円ほどで、かなりの面積を施工することが出来ますので、これは皆様にもお勧めです。



作業前の風景です。別荘には、いわゆる玄関スペースがありませんでして、靴を脱ぐのも外の土間コンクリートで脱ぐ形となりますので、DIY作業中は特にですが、室内の床がまだ施工されていないこともあって、土足のまま出入りをすることも多いです。その為、ご覧のとおりに床下地のコンパネもかなり汚れてまいりました。



玄関外側からの眺めです。畳一枚分のスペースにタイルを施工していく計画です。数枚を置いてみて、全体の完成図を頭に描きながらいよいよ作業開始です。



木造建築の現場監督をしていたのはもう10年以上も前のことですし、なにより建築士の資格を持っているわけでもありませんので、見よう見まね、YouTubeの動画で覚えた技を、どうせ自分のもだし、作業を見張るお客さんもいないので、恐れもなく試していきます。笑



まずは、端の一列を施工していきました。一応、全体のバランスを仮置きした状態で確認してからの作業開始です。ボンドは、楽天で購入した強力タイプのものを使用しております。





タイルの切断が全くなく、ポンポンと置いていき、ゴムハンマーで叩いていくだけですので、あっというまに施工が進みます。左下の部分は、残り6枚分ですがボンドが無くなったので翌日に持ち越しとなりました。



玄関外側からの眺めです。この部分の施工にかかった費用は、タイル代金が約2,500円と、ボンド代金が約2,000円の合計約4,500円です。この後で目地を詰めますが、それを足しても5,000円程で床が完成しましたので、これはかなりお得に仕上がったことになりました。



全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。