富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春本番の前に、大急ぎで芝生化の準備。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

この2週間。インターネットをすれば芝生の管理に必要な商品を漁り、本を開いては季節ごとの芝生の手入れ方法を勉強しているワタクシですが、今日も不動産営業マンの休日を使って、甥っ子の助けを借りながら現地で芝生化に向けたDIY作業をしてまいりました。

作業は先週からの続きですが、建物南側の駐車スペース、玄関前スペースにかけてを整地しております。



建物周辺は、このように黒い粒々になった土が積もっておりますが、この土の層の上には落ち葉からできたであろう、腐葉土の層が積もっております。今回、写真に写った部分は腐葉土の部分を全て削り取った状態ですが、この土自体は柔らかいのですが、木の細い根が細かく毛細管のように土の中を張り巡っております。整地の際には、この根がクワに引っ掛かり作業が中々進みません。



外構工事DIYで、農作業道具コレクターに。で購入を決意した高級クワですが、実際にお店に行くと芝生の目土やら、排水の塩ビパイプやらと出費が多く、ちょっとケチって普通のクワとなってしまいました。それでも、1号機よりもヘッド部分が重くて、柄がしっかりとした木なので、思いっきり上から遠心力を使って土を掘り起こすことができました。



こんな感じに、まずはクワで削り取る部分を掘り起こしていきました。ちょっと太い木の根っこも、クワの歯でスパッと切り取れてしまいました。



反対側から見てみます。一番左側から、今度は柔らかく掘り起こされた土を甥っ子がジョレンを使って奥へと掻き出していきました。恐らく腐葉土の層から30センチ以上掘り起こしていますが、半袖でも作業ができる今日でも、一部まだ下のほうで凍っている土があって驚きました。富士のツンドラ気候の威力を思い知ったワタクシ達でございます。



作業も大詰め。高さの最終調整をして、このあとで目につく根っこを100円ショップで購入した切れ味の悪い園芸用バサミで取り除いていきました。

しばらく、続く。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。