富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花畑新設の為に、自然破壊。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

発泡酒と、ラベンダー坂。にて、ラベンダーの植え付けを行ったワタクシ。引き続き、ワイルドだぜぇ、ワイルドフラワー。で購入した、ワイルドフラワーの種を蒔いていきます。



そのまま、何もしないでワイルドに種を蒔くことも脳裏をよぎりましたが、せっかくなので培養土を入れてちゃんとした生育を目指します。その為にシャベルで庭の一部を掘り起こします。



玄関前の芝生化計画地もそうでしたが、別荘周辺の土地はその表面に落ち葉が積もって形成された腐葉土の層、その下には木々の根っこが張りめぐった黒い土(国ボク土)の層があります。ワイルドフラワー畑新設予定地は三角形にしたのですが、周囲をクワとシャベルを使って掘り起こし、写真のように表面に生えた雑草と地中に張りめぐった根っこごと、ロールのようにして巻きとっていきました。

親指の太さほどの根っこは、クワでスパっと切りますが、きれいな花を見たいが為に、昔から生えている木々を傷めるという、なんとも人間はいつも矛盾した生き物なものだ、と感じました。



有機石灰をまいて、おそらく弱酸性であろう土を中和します。そのあとで、富士吉田のカインズホームで購入した、40kgというでっかい生産者用の培養土を入れていきました。



でっかい培養土でしたが、たったこれだけの場所に入れるので一袋使ってしまいました。



ワイルドフラワーとは、色々な種類の花の種が入っているのですが、写真のように虫の幼虫のような姿をした種もあって、なんだか気持ち悪い見た目でした。笑

あったかいごはんに、ふりかけを振るように種を蒔いた後で簡単に土を混ぜて終了です。はたして、どのような結果になるのでしょうか。楽しみです。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。