富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水はけ良すぎで、富士砂漠。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

今までの湿っぽかった土壌が嘘のように、最近のあったか陽気で周辺が乾燥している別荘ですが、先日は玄関前の駐車スペースだった場所に蒔いた芝生の種の様子が心配で、心配になって、弾丸訪問。にて、仕事が終わった後で弾丸訪問、翌朝帰宅後に仕事という、ギネスブック級の水やりをしたワタクシでありますが、今週の訪問で結構ショックな事実を知ることになります。

水曜日に現地に到着すると、まずは二日前に水をタップリ撒いたつもりの芝生化計画地に被った不織布をめくります。

カラッカラ

あれだけ水を撒いたつもりですが、白い不織布の下はからっからに乾いた芝の床土でした。

まぁ、天気がいいせいだと思って、再度水を撒いてから床土の状態を見ますと、驚愕の事実が発覚いたします。

全然、水が床土にしみ込んでいなーい。

どうやら、この床土はすさまじい保水力と、そして同時に排水力をもっているらしく、たっぷりと散水したはずの場所を少しだけ掘り返してみますと、濡れているのは上っ面だけで、3センチも下はカラカラの状態のままでした。水はけの悪さを心配していたワタクシは、この床土施工の前に、砂を使って不陸調整をしておりますので、なおさらに砂漠化の手助けをしているようにも思えてきました。



ならば、せめて自動水やりシステムが構築されるまでは、ごまかしながら保水力を高めるしかないだろう、ということで、敷地内に掃きためてあった落ち葉をまいてから、散水を続けました。

ただ、素人の直感ですが、連日20度続きの晴天が続いてしまえば、週に一回しか訪問、散水ができない状況では芝生化計画の成功は難しいと。そう思うわけであります。

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑ご愛読ありがとうございます。記事が楽しかったら、ぜひ一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。

 



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。