富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内装の壁を仕上げる漆喰を勉強中

さて、昨日は水曜日で仕事はお休み。最近、結構通っているジョイフル本田にて、面白い商品を発見しました。

漆喰うま~くヌレ~ル(日本プラスター株式会社)

これから所有する予定の別荘では、内装の壁を普通の壁紙ではなくて、漆喰か珪藻土で仕上げたいと夢見ているワタクシですが、こちらの商品はすでに練った状態の漆喰を、様々な大きさのケースにいれて販売しています。店頭のDVDに思わず見入ってしまいましたが、何でも空気に触れなければ10年先も製品の施工前の状態を保つとのことです。6畳間を塗るには、写真に写った大きなバケツ(18Kg入り)と中くらいのサイズ(5Kg入り)の2本が必要で、大体2万円程で壁全体を1mm厚にて仕上げることができるそうです。

ワタクシが現場監督をしていた頃、恐らくその頃が珪藻土の出始めだったと記憶していますが、やはり予算が厳しいお客さんが、自分で塗り壁を施工していたケースがありました。仕上がりは左官屋さんに及ばないものの、コテムラを生かす塗り方を選んで、あとは塗りたくない部分の養生をしっかりとやれば、悪くない仕上がりになることは経験済みです。

こちらの商品は、店頭で流れている、塗り方紹介や左官道具の紹介を含んだDVDが無料でもらえましたので、まぁ、ラッキーと、一枚を頂いてきました。

ただ、ここからが元現場監督の目線ですが、漆喰は仕上がりがつるっとして、きれいですが、調湿効果が期待できません。(まぁ、それ以前に、先程のお話のとおりに、素人のワタクシが平らにつるっと仕上げるのは、最初から難しいのですが・・・)別荘地は、以前「別荘はなぜカビ臭い?」でも考察したとおり、その場所柄湿気の多さが問題になります。外周りの土間コンクリートの補修などもあって、小さな電動ミキサーを購入しようと考えているワタクシですので、多分リビングは調湿効果があって、仕上がりもラフでOKな珪藻土で塗ることになると思っております。

まだまだ、DIYの偏差値を上げるための予習は続きます。



全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへにほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

バナークリックで、ランキングにご協力ください!



THEME:住宅・不動産 | GENRE:ライフ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。