富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山麓の別荘でも作れるか。自家製梅酒。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

冬の寒い時期には、氷点下15度以下にもなるという、富士山麓ですが、別荘購入前から、色々な夢が膨らんでいます。



今日は、夜食を食べた後で、梅酒を漬けました。実は、今回使ったお酒は、5年前の初夏にも、同じく地元の梅を使って漬けた事のある福岡の麦焼酎です。



今回、梅酒の漬け方をネットで読んで改めて知ったのですが、自家製の果実酒の場合、アルコールが20度以下のものを使って造ると、密造酒のような扱いになってしまい違法になってしまうそうです。その点、前回同様、今回も楽天で取り寄せた福岡の麦焼酎は、アルコール度数35度という、余裕でアルコール検査をクリアする度数となっております。また、アルコールが凍る温度は、その度数にマイナスを付けた温度になるらしく、そうなると、今回のお酒はマイナス35度までは凍らないことになります。ただし、漬け込んだ梅の身は恐らく凍ってしまうと思います。



梅酒の造り方は、数あるウェブサイトをご参考いただくとして、今回、ワタクシは梅を全部入れた後で、氷砂糖を上から載せる方法を採用しました。これは、前回の経験から、どうせ砂糖はすぐに溶けて、ビンの下のほうにトローっと溜まるのを見ていたからです。これに関して、よく焼酎のお湯割を造る時「焼酎より、お湯を先に入れろ」とかいうこだわり人間がおりますが、ワタクシとしては、お湯をドバァーと勢い良く注げは、小さなコップの中身は十二分に撹拌されるだろうに、というのが持論であるのと、ちょっと似ております。



梅酒の造り方のご紹介ではないので、写真のとおりです。



一升瓶のラベルは、瓶をしばらく水につけて、きれいに剥がした後に、これからしばらくは楽しめるであろう、非密造梅酒のビンに貼り付けました。この後ラベルが乾いたところで、日付をマジックで書きましたが、何だか自分の家でボトルキープをしているような錯覚を覚えました。



ところで本題ですが、これから購入予定の別荘は、マイナス15度以下になる厳しい自然環境に建っております。断熱性能も高くありませんので、恐らく、室内も外と大して変わらない気温になることが予想されます。もしかすると無謀な夢かもしれませんが、そんな別荘で、毎年一本ずつ、その年にできた梅を使った梅酒を漬けて、ストックできたら楽しいなと。それ以前に、うまく梅酒が漬かるのかは疑問ですが、まぁ、夢は大きくもってみて、失敗したら残念という気持ちで、ぜひ実行してみたいと思います。


全記事へのリンク

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

バナークリックでランキングにご協力ください!







予想どおり、朝起きたら砂糖は全部落下しておりました。笑

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。