富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに開始、室内の解体作業。その6

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

さて、現場はすでに解体作業から、ワタクシのDIYに向けての下地作りに移っておりますが、今回は、築約50年という建物の解体作業をすると、一体普段見ることのない建物の壁の中はどんな状況なのか、という記事です。これは、別荘だけではなく、住宅でも似たようなことは起きると思います。

※一部、虫嫌いの方には、刺激的な写真もありますので、ご注意ください。

DSCN5468.jpg

これは、トイレの便座の背中側の壁を壊したところです。水道パイプの近くにある、マーブル色をしたのはスズメバチの巣です。すでに、何年も前のものと思われ、形が崩れおりました。しかも、ワタクシの大嫌いな、でもこのブログでは何度も登場する気持ち悪い虫界のヒーロー、便所コオロギ(カマドウマ・暗闇バッタ)が、ピョンピョンと生活をする壁内でしたので、彼らが共存共栄をしていたかは不明ですが、とにかく、代わる代わる、人間の安息のひと時、排便行為の場所にて、その背中、しかも壁の中という、まったくもって卑怯な場所にて彼らの王国(女王国)を築いて、その周りを衛兵のように便所コオロギが飛び跳ねていたことになります。(あくまで、想像。笑)

DSCN5353.jpg

こちらは、窓の上という、結構高い場所にあった巣です。葉っぱやら、ビニルやらを集めた、ネズミの巣と思われます。中央のくぼんだ場所には、ゴマのでかくなったような彼らのクソが30個ほど転がっておりました。彼らもまた、人間の生活する空間から、厚さ2ミリのベニヤという壁一枚挟んだ壁内で、同じく哺乳類の仲間として、子ネズミの成長という掛買のない一瞬を夫婦で見つめてきたのかもしれません。(あくまで、想像。笑)

DSCN5410.jpg

こちらの、液体墨汁のボトルをひっくり返した小学校のような壁は、我ら気持ち悪い虫界のヒーロー、便所コオロギのクソです。手前の木に付いた黒い痕なんて、人間が本屋さんに行ったら、急にお腹がゴロゴロ急降下して、かろうじて辿り着いたトイレでしたクソのように、いい具合に飛び散って見えます。

DSCN5458.jpg

こちらは、玄関ドアの上を壊した様子です。富士山のように、木屑が山になって溜まっておりました。ちなみに、これは建物の外壁面全体が同じ状況で、文明の利器である掃除機にて、きれいに吸い取って掃除をしていきました。

玄関という、いつも建物の主人を迎え、時にその客人を迎える、大切な場所の、そのドアの上で、昆虫や小動物たちは生活をしておりました。(あくまで想像ですが、恐らく本当。)

DSCN5459.jpg

こちらは、トイレの壁を壊した様子です。なぜか、木の実の皮、なにやらピスタチオを食べた後のような皮が積もっておりました。もしかすると、リスさんが、かわいい顔して、カリカリと、人間のトイレの壁の中でランチをとっていたのかも知れません。

IMG_3624.jpg

こちらは、先週、換気扇のあった場所を、テープで仮に塞いだ場所ですが、ゴキブリホイホイのように、2匹の便所コオロギがくっついておりました。これを見ると、いかに隙間を埋めることが大事かが、よくわかりました。

IMG_3609.jpg

あまりに便所コオロギのクソの被害が酷い場所は、カビ取りスプレーにてびっしょりになる位に消毒をしていきました。自分でやりますので、気分的には効果があると思えました。

虫自体は、もちろん罪はありませんので、これからはどうしたら虫の侵入を防げるかが問題になってきます。建物外周の整備を含め、虫嫌いのワタクシの腕の見せ所でもあります。

次回にしばらく、続く。
【シリーズの記事】
ついに開始、室内の解体作業。その5
ついに開始、室内の解体作業。その4
ついに開始、室内の解体作業。その3
ついに開始、室内の解体作業。その2
ついに開始、室内の解体作業。その1


内装DIY カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

COMMENT

Re: 衝撃的な写真

のりすけ様、こんばんは。コメント、ありがとうございます。
私の別荘の場合、明らかに隙間だらけで、サッシと呼ばれる部分でさえ、木製の木枠、扉が付いています。ですので、ある意味、あの自然環境の中で、室内への虫の侵入はある程度は仕方がないと思いますが、普段見えない壁の中がこういう状況ですと、やはりちょっとショックです。特に、スズメバチの巣がいくつもあったのは、驚きました。

色々な虫よけ、アリよけは試しましたが、バポナという商品は知りませんでした。早速検索しましたが、何やら効果がありそうです。気密の良い建物で使うと、人間への影響も心配ですが、建物外周や床下空間に使うと効果がありそうです。ぜひ、試してみたいと思います。

> 初めまして。私も2年前に富士南嶺(十里木)の別荘を購入しました。築30α年なので、おそらく壁の中は同じかもしれません。衝撃的でした。自分の所もカマドウマや巨大クモがかなり出現します。ご存知かもしれませんが、バポナを吊るすと大分少なくなったように思います。バポナはいつの間にか劇薬解除になったようですね。お試し下さい。

衝撃的な写真

初めまして。私も2年前に富士南嶺(十里木)の別荘を購入しました。築30α年なので、おそらく壁の中は同じかもしれません。衝撃的でした。自分の所もカマドウマや巨大クモがかなり出現します。ご存知かもしれませんが、バポナを吊るすと大分少なくなったように思います。バポナはいつの間にか劇薬解除になったようですね。お試し下さい。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。