富士山麓に格安中古別荘を購入するアラフォーサラリーマン

元現場監督で現在不動産屋勤務の猫好きオヤジサラリーマンが綴るDIY別荘ライフのブログ

HOME プロフィール

アラフォーリーマンおやじ

Author:アラフォーリーマンおやじ
一言:富士山は偉大だ!
仕事:不動産営業マン
住居:東京
家族:独身

最新記事 月別アーカイブ カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりぽっちの、DIY。

にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

先週でオールスター助っ人メンバーも現場を離れ、今週から一人での作業になりました。今日のブログの題名を書いて思いましたが、DIYって、Do it yourself(自分でやろう)ってことですので、ということは、途中でだいぶズルをしましたが、まぁ、現場は超早送りで進みましたので、良しとしましょう。

DSCN5826.jpg

オールスター助っ人メンバーの頂点に立つ棟梁ですが、最後の最後で、和室に掘りごたつ用の穴をリクエストしたりした関係で、いくつかの仕事が終わりませんでした。

こちらは、リビングの富士山を望む木製窓部分です。解体当時もそうですが、壁には断熱材が入っていませんでしたが、ワタクシの手によって壁の中にグラスウールが充填されていきます。

DSCN5827.jpg

頭にGoProのカメラを付けながらの作業です。マスクをしているのは、顔出しNGというほかに、ガラス繊維で出来ているグラスウールをカットすると、そのガラスを含んだホコリが宙に舞い、吸い込むと咳き込んでしまうからです。

実は、この時点でグラスウールを間柱に固定する為のタッカーの芯が切れてしまい、仮固定での作業になっています。以前なら、プロの助っ人職人さんメンバーに一言いえば手に入ったものも、今では全て自分の段取りの責任の範囲になったことを痛感いたしました。

DSCN5830.jpg

コンセントボックス部分を切り込んだり、こんなメンドクサイなら、やっぱり家を建てるなら断熱材で躯体を覆ってしまう外断熱のほうが、全然理に適っていると思いましたが、壁の中のことは、あとでやり直すのが難しいですので、朝も昼もカップラーメンをすすって、3時にコーヒーを立って飲んだ以外は、もしかしたら本業よりも作業に集中したのでは、といった感じに黙々と仕事をこなしたのでした。

内装DIY カテゴリーの記事へのリンク

全記事へのリンク



にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ
↑一日一回のクリックで、ランキングにご協力下さい。ありがとうございます。

 

COMMENT

Re: ありがとうございます

jkさん、こんにちは。
ご返信ありがとうございます。コメントを頂くと、大変励みになります。

ブログ当初は、ピザ窯とかを夢見ていた私ですが、今になって考えたら、例のベンジョコオロギが窯の中に大量発生するのが目に見えていますので、自然と計画変更になっていたり、別荘は自宅と違って、色んな意味でアクシデントも楽しむというか、気にしないというか、いい意味で適当位がちょうどいいと思います。ただ、物件選びだけは慎重に進めないと、居住用の物件と違って、売りたい時に中々売れないという、恐ろしいこともあり得ると思います。野菜と言えば、私も当初の条件に家庭菜園が入っていましたが、今年の初夏にプランターに撒いた種は、芽は出ましたが、やはり木々に囲まれて日照不足なのか、ほったらかしにしていたら立ち枯れという悲しい結果になりました。他の方のブログを拝見しますと、ほったらかしでちゃんと収穫をされている方もいらっしゃるようですので、今後の宿題です。(別荘の周りには鹿がたくさんいるので、結構、前途多難ですね。)

> アラフォーサラリーマンさん
> 詳細な内容ありがとうございます、記事の全部を読ませていただきました、最高に楽しいです。
> これだけ綺麗にリフォーム(改築?)すると、住むときにも気持ちいいですよね、それに余暇の楽しみも。
> 神奈川と東京の県境にあるタワーマンションに住んでますが、根っからの日曜大工好き、野菜生育好き(以前は一軒家にいました)なので、別荘暮らしは理想です。山中湖は毎年マラソンに出場していて好きなところです。伊豆や八ヶ岳など短時間移動圏内で検討しています。
> 別荘購入後の改修費にどれくらい必要か、大変参考になりました、ありがとうございます。
> 完成まで応援しています(^^)。

Re: No title

jkさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今回の工事ですが、本当は5人で3日位を予定していたのですが、一度始めると「これはこの勢いで、人数も来てくれているので、最後までやったほうがいい」と、工事の人数は減りましたが記事の段階まで一気に仕上げてしまいました。逆に、これを休みの少ない不動産営業マンである私が一人でやったとすると、到底、その人数分の仕事以上、恐らく1年かかっても、ここまではできなかったと思います。

仕事は、本業でもお世話になっている、こういう仕事の好きな向上心のある職人さんたちが、付き合いもあって引き受けてくれました。記事ではオールスター助っ人と呼ばれている皆さんは、東京から高速道路を使って現地に行きますし、工事中の別荘で泊りとはいえ、風呂場自体が改装中ですので、夜の温泉代とか結構かかります。すごくざっとした計算ですが、材木関係は断熱材なども全て入れて原価で50万位、大工さんの人工(にんく)は同じく原価で一日2.5万程、これには高速代とかガソリン代も含んでいます。その他、電気屋さんにコンセントや換気扇の新設をお願いして、25万程、水道屋さんにトイレの交換と洗面台の新設、これから記事にも登場する持ち込みのキッチンやシャワーブースのつなぎなどを含めて25万円ほど。ワタクシが病的に使用しているウレタンなども全て入れると、原価で200万円位になります。これを、普通に工務店などに依頼すれば、当然利益が乗りますので、一般的な利益率が乗れば25%位は高くなります。(シャワーブースとキッチンは、それぞれネットで購入するので含まず。)

私のように本体を格安で見つけて、ある程度お金をかけて自分好みに修繕して楽しむのか、それとも、ある程度の予算で本体を購入して、あとは別荘生活をすぐに楽しむのかは、人によりけりと思います。ただ、見た目がきれいでも、ブログの記事のように、壁内などの見えない部分は建築年数に比例して状態は悪くなりますので、見に行った冬は平気でも、夏になると室内がベンジョコオロギだらけでビックリということもありますので、その点はご注意です。

> いつも楽しみに拝見しております
> 私も数年後同じように、富士五湖近辺で別荘(山小屋)を
> 購入しようと考えています。
> 差し障り無いところで、このリフォーム代金はおいくらほど
> かかりましたか、ぜひ参考に教えていただければと思いまして、コメントしました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
山中湖からのライブ富士山
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アルバム
ブログランキング
今何人?
全記事表示リンク
Gallery
ワタクシの撮影した富士山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。